伊佐具神社社号標石

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028963 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

伊佐具神社社号標石(いさぐじんじゃしゃごうひょうせき)

伊佐具神社社号標石

指定  尼崎市指定文化財

種別  歴史資料

数量  1基

所在地 尼崎市上坂部3-25-18

所有者 伊佐具神社

指定日 昭和63年4月1日


 享保14年(1729)より6年を費やして完成した地誌「五畿内志」の著者並河誠所(なみかわせいしょ)は、大坂町奉行所の後援のもと、自ら各地を遍歴し、古書・古記録を探訪して周到な考証をおこないました。特に、神社仏閣の由来を探り、中でも摂津国内の「延喜式」神名帳に記載された神社のうち、祭神・社名を変更し、また付近の神社に合祀して廃社となった20社について究明し、その由緒を明らかにし、社号を旧に復させ、社号標石を与えてこれを社頭に建てさせ、廃社となったものはその故地にこれを建立させました。伊佐具神社社号標石もその一つで、方24cm、高さ91cmあり、正面に「伊佐具社」の4文字を刻んでいます。

 台石は2段で、下段は方61cm、高さ43cm、上段は方42cm、高さ24cmの大きさをしています。上段の台石の裏面中央には、かすかに「菅廣房○」の文字が読み取れます。この菅廣房(すがのひろふさ)は、この建碑のために金子を誠所に寄付した山口屋伊兵衛のことです。史跡の研究と保存・顕彰事業の先例として意義深いものです。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)