十一面観音菩薩立像

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028937 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

十一面観音菩薩立像(十一面観音菩薩立像)

十一面観音菩薩立像

指定  尼崎市指定文化財

種別  彫刻

数量  1躯

所在地 尼崎市戸ノ内町2-4-11

所有者 治田寺

指定日 昭和62年3月30日

 高さ100cm、一木造。この像は、左手に水瓶を持ち、右手は下に垂らす通常の像形です。両腕上膊の釧は古風に刻出されています。現状は全身を黒く古色塗りされています。水瓶・右耳・両臂(ひじ)より先・両手足・両手にかかって垂下する天衣(てんね)が後補された部分です。衣文(えもん)の刻出は低平ですが、翻波風(ほんぱふう)の名残をとどめ、全体的に重量感があることなどから藤原時代中期の製作と思われます。なお、両臂(りょうひじ)より先、両手足、両手にかかって垂下する天衣などは後補です。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)