如来院石造笠塔婆

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028333 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

如来院石造笠塔婆(にょらいいん せきぞうかさとうば)

如来院石造笠塔婆

指定  尼崎市指定文化財

種別  建造物

数量  1基

所在地 尼崎市寺町11

所有者 如来院

指定日 昭和58年3月24日

銘文
笠塔婆銘文

 門内すぐ左手に塀を背にして、北に向いて立っている花崗岩製の笠塔婆です。塔身の上端を欠失していますが、現存高184.8cmあり、正面に嘉暦2年(1327)の年号が刻まれていて造立年代が明らかです。

 基礎の正面は格狭間を入れず、相対する孔雀を彫りだしています。塔身は方柱状で上端が欠けています。正面は上部に地蔵立像を肉厚彫りし、下部に合掌する俗形坐像二体を刻出し、その間に5行の銘文が彫られています。他の3面は書体を変えた六字名号を配し、その下に蓮華座を薄肉彫りしていて、銘文から亡き両親の33回忌にあたり子どもが建てたものであることが分かります。尼崎地域だけでなく、この頃の石造美術として代表的なものであるといわれています。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)