旧小阪家住宅

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028890 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

旧小阪家住宅(きゅうこさかけじゅうたく)

旧小阪家住宅

指 定 県指定重要文化財

種別  建造物

数量  1棟

所在地 尼崎市扇町33番地4(兵庫県立尼崎の森中央緑地内)

所有者 兵庫県

指定日 平成30年3月20日

 旧小阪家住宅は、平成7年(1995)まで、芦屋川の西、六甲山南麓の芦屋市三条町にあった農家で、この地域は江戸時代には尼崎藩領三条村にあたります。現建物は18世紀後期かそれ以降に建てられた可能性が指摘されており、芦屋市所在時には芦屋市指定文化財でした。

 旧小阪家住宅は、平成7年(1995)の阪神・淡路大震災で大きく損壊し、解体を余儀なくされましたが、移築保存を前提として解体調査が実施されるとともに、部材が芦屋市に寄贈されました。その後、建築部材を県が譲り受け、兵庫県立尼崎の森中央緑地において、昭和10年頃の姿に移築復元工事が行われました。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)