本興寺 太刀銘恒次

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028861 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

本興寺 太刀銘恒次(ほんこうじ たちめいつねつぐ)

数珠丸

指定  国指定重要文化財

種別  工芸

数量  1口

所在地 尼崎市開明町3-13

所有者 本興寺

指定日 大正11年4月13日

 長さ89.3cm、反3.9cm。この太刀は、鎌倉時代の初期、後鳥羽天皇の御番鍛冶であった備中(岡山県)の刀工青江恒次の作で、元来日蓮上人の守り刀でした。上人が甲州身延山へ入山したとき、護身用として信者から贈られ、これに数珠を掛けて杖としていたところから「数珠丸」とも呼ばれています。それ以来身延山久遠寺に秘蔵されていましたが、一時山外に流出して所在が不明になっていました。1919年(大正8年)ころ、尼崎在住の刀剣鑑定家杉原祥造により再発見され本興寺に寄進されたと伝えられています。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)