素盞鳴神社おかげ踊り図絵馬

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1029001 更新日 令和4年9月13日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の指定文化財

素盞鳴神社おかげ踊り図絵馬(すさのおじんじゃおかげおどりずえま)

素盞鳴神社おかげ踊り図絵馬

指定  尼崎市指定文化財

種別  民俗文化財

数量  1面

所在地 尼崎市南武庫之荘8-15-12

所有者 素盞鳴神社

指定日 昭和63年4月1日

 縦83cm、横150cm。この絵馬は天保2年(1831)9月、守部村の嘉蔵ら17人の世話人によって奉納されたものです。素盞嗚神社の境内で太鼓・笛・三味線等のお囃子に合わせて整然と踊る50余人の様子が、絵師桃田江永の筆により極彩色で描かれています。御幣をかついだ人物を先頭に西宮神社にくり込む風景かと思われます。

絵馬裏書
絵馬の裏書

 裏面にはおかげ踊りの由来や踊りの規模、村の様子について記された255字の墨書があります。おかげ踊りの絵馬は現在8面の存在が確認されていますが、兵庫県下では本資料と西宮市の越木岩神社の2面だけです。この絵馬には江戸時代末期の民衆の風俗が生き生きと描かれており貴重な民俗資料です。

裏書釈文
裏書の読み

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)