尼崎ガス発祥の地(あまがさきがすはっしょうのち)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028731 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎ガス
尼崎ガスのガスタンク

文化財説明板所在地

 尼崎市東難波町5丁目29

 阪神「尼崎」駅 北約300m


 明治45年(1912)5月、尼崎の資本家渋谷佐平・中塚弥平らによって尼崎瓦斯株式会社が創立され、尼崎町(現在の尼崎市南・中央部)一円を供給区域として開業しました。昭和20年(1945)大阪ガスに合併、尼崎工場として阪神間のガスの供給拠点として重要な役割を果たしてきましたが、平成2年天然ガスへの転換に伴い供給を停止しました。

付近の地図

地図

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)