法園寺(ほうおんじ)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028723 更新日 令和4年3月26日

印刷大きな文字で印刷

佐々成政の墓
法園寺境内にある佐々成政の墓の複製

所在地

 尼崎市寺町5

 阪神「尼崎」駅 南西約370m


 法園寺は、室町時代に勝誉恵光法園上人が開基したと伝えられています。中世には別所町(現東本町3ー4丁目)にあり、近世尼崎城築城にともない元和年間(1615-1624)に寺町へ移転したと考えられます。また、当寺には佐々成政の墓碑があります。成政は豊臣秀吉のもとで肥後国主在任中、領地内で反乱がおこり、その責により天正16年(1588)尼崎で切腹させられました。山門を入って西側の墓碑は複製で、実物は本堂内に保管されています。

付近の地図

地図

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)