尼崎市公設地方卸売市場の「今後の市場のあり方」に係る基本方針

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023767 更新日 令和2年12月8日

印刷大きな文字で印刷

「今後の市場のあり方」に係る基本方針の策定

尼崎市公設地方卸売市場は、昭和28年、尼崎市昭和通2丁目に中央卸売市場として開業しました。

昭和42年には、潮江4丁目の現在の位置に移転、平成19年に地方卸売市場に転換し現在に至りますが、これまで「市民の皆様に生鮮食料品を安定的にお届けする」役割を担ってきました。

現在の市場は、築後50年を経過する施設が多く存在し、必要な施設更新ができなかったことなどから、施設の老朽化に加え、温度管理機能、衛生管理機能、食品加工機能などに課題がございます。

今後も卸売市場としての役割を果たすため、これらの課題や状況等を踏まえ、令和元年度より「今後の市場のあり方」の検討を進め、令和2年3月に、その基本方針を策定しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 市場特命担当
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江4丁目4番1号
電話番号:06-6420-2006
ファクス番号:06-6429-3680
メールアドレス:ama-shijotokumei@city.amagasaki.hyogo.jp