PCB(ポリ塩化ビフェニル)使用機器はありませんか

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1016822 更新日 令和2年3月5日

印刷大きな文字で印刷

工場、店舗、ビル、マンションなどの建物や照明器具をお持ちの皆さんへ

PCB(ポリ塩化ビフェニル)使用機器はありませんか

pcbtitrashi

 PCBは化学的に安定した性質を持つことから電気機器の絶縁油などとして幅広い用途で使われてきました。しかし、PCBの毒性が社会問題化し、現在は製造や輸入、新たな使用は禁止されています。

 PCB廃棄物は法律で定められた処分期間(高濃度PCB含有機器は令和3年3月31日、低濃度PCB廃棄物は令和9年3月31日)に必ず処分しなければなりません。使用中の電気機器であっても、処分期間内に使用を終え、処分する必要があります。処分期限を過ぎると処分ができなくなる上、罰則がありますので、早急に建物の受電設備や照明器具の点検をお願いします(通電中のコンデンサなどは近づくと感電の危険があり危険です。必ず電気主任技術者などにご相談ください。)。

 点検の際は、下部の点検票を活用してください。

 なお、家庭用の照明器具にはPCB含有安定器は使用されていません。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 産業廃棄物対策担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6310
ファクス番号:06-6489-6300