尼崎市環境基金

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003765 更新日 令和3年3月12日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市環境基金とは

 尼崎市では平成8年2月に「尼崎市環境基金」を設置しました。
尼崎市の環境をよりよくするため、また、次世代によりよい環境を残すため、基金の運用益と原資の一部を活用して、市民の環境問題に関する知識の普及や環境保全活動を推進する、様々な事業を展開しています。

基金のしくみ

尼崎市環境基金のしくみ

 尼崎市環境基金は、市が実施している太陽光発電モデル事業による売電収入の一部を積み立てる他、個人の方からいただいたふるさと納税寄付金や企業等からいただいた寄付金などを主な財源としています。

基金の使い道

環境モデル都市あまがさき ロゴ

尼崎市は平成25年3月に、温室効果ガス排出量の削減に向けた先駆的な取組にチャレンジする都市として、国から「環境モデル都市」に選定されました。

 

環境基金は、環境モデル都市尼崎の目標である「ECO未来都市あまがさき」の実現のために、環境の保全に関する知識の普及が期待できるような取組に充てています。
環境基金を使用した主な取組は次のとおりです。

 

あまがさき環境オープンカレッジ事業

AOCE活動の様子

あまがさき環境オープンカレッジは、尼崎を愛し環境を思う人が出会い、ともに学び、実践へのきっかけをつくる場です。尼崎市民のみなさんに環境に興味を持ってもらい、環境保全の啓発を進めることを目指して、市民・企業・行政が協働しながら、身近な自然、地球環境問題、暮らし、まちづくりなど、「環境」をテーマにした様々なイベントや講座の実施や、市民の皆さんの環境啓発活動の支援をしています。

あまがさき環境教育プログラムの実施

環境教育(授業の様子)

 尼崎市では、脱炭素社会や循環型社会形成などに向け小学生が学び、地球温暖化防止やごみ減量・資源化について学習することで、毎日の生活の中で環境を意識した選択と行動につながるよう、新しい環境教育プログラムを実施していきます。
 本プログラムは尼崎市がこれまで経験した環境(公害)問題解決への取り組みから環境モデル都市へのあゆみ、これからの脱炭素社会や循環型社会形成などに向けたまちづくりへの取り組みをベースに、次のような内容を、子どもたちが楽しくわかりやすく学習できるものです。

  • 尼崎の歴史から学ぼう(公害から環境モデル都市へ)
  • ふせごう!止めよう!地球温暖化
  • 身近な「ごみ」について考えよう!
  • めざせ!エコあまレンジャー(ワークシートの説明)

また、子どもたちが学んだことを、周囲の大人や家族との生活の中で伝えていくことを通じて、各家庭での環境問題に対する取り組みの推進も目指します。

スマートハウス・スマートマンション等の普及促進事業

スマートハウス・スマートマンション

温室効果ガスを効果的に削減でき、住みやすく環境にやさしい住宅である、

  • ZEH(ゼッチ=ゼロエネルギー住宅)
  • 尼崎版スマートハウス

を市域に普及させることをめざし、自宅に蓄電池等を設置される方や新しくZEHを建てる方への補助金の交付を行っています。

また、次の要素を持ったマンションを「SDGsスマートマンション」として認定し、施工業者に対して補助金を交付し支援しています。
SDGsスマートマンション3つの要素
【環境】 各戸にHEMSを導入し、MEMSを活用した省エネ策(例:デマンドレスポンス等)
【経済】 地域経済の活性化策(例:地域通貨等の活用)
【社会】 本市社会課題への対応策(例:防災、子育て支援等)

これらの取り組みを通して、家庭部門のCO2排出量の削減を図るとともに、本市の目指す「ありたいまち」の実現に近づけます。
(令和2年度の募集は終了しました。)

地域通貨を活用したクールチョイスの普及

COOL CHOICE

  • 省エネ効果の高い家電製品への買い替え
  • バス通勤への切り替え
  • CO2フリー電気の契約・利用
  • うちエコ診断の受診
  • 環境学習イベントへの参加

など、CO2削減につながる「クールチョイス行動」をとった市民の方などに対し、CO2削減量に応じた地域通貨ポイントを付与しています。また、貯まったポイントを市内の加盟店で1ポイント=1円として利用することもできます。
地球温暖化について楽しくお得に学べるしくみをつくり、市民の方へ低炭素型の行動変容を促しつつ、地域経済の活性化も目指します。

生ごみ処理機等購入費補助金制度

家庭でのごみの減量と再資源化を進めていくため、

  • 生ごみ処理機
  • たい肥化容器
  • せん定枝粉砕機(ガーデンシュレッダー)

など、生ごみを自家処理する機器等の購入費の2分の1(限度額:市内販売店での購入1万5千円、市外販売店での購入1万円)を助成し、循環型社会の形成を目指しています。
(令和2年度の募集は終了しました。)

環境基金を使用した取り組みについてもっと詳しく知りたい方へ

環境基金を使用した取り組みは次の一覧のとおりです。各取り組みの詳細については各事業所管課のページをご参照ください。(ページ下部 「関連情報」参照)

尼崎市環境基金への寄付について

尼崎市では、個人の方や企業等からの寄付を随時受け付けています。
「ECO未来都市あまがさき」の実現のため、環境基金へのご協力をお待ちしております。

個人の方の寄付について(ふるさと納税)

ふるさと納税の寄付のお申し出については、市役所環境創造課に直接お越しいただくか、郵送、ファクス、メールでのご連絡、もしくはふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」からお願いいたします。

ふるさと納税申込について、詳しくは下記リンク先をご覧ください。

企業等の寄付について

寄付のお申し出については、リンク先の「寄付申込書」をご記入の上、市役所環境創造課に直接お越しいただくか、郵送、ファクス、メールによりご連絡ください。
※環境基金への寄付の場合は、寄付申込書の「3 寄付の目的」の欄には「環境保全推進のため」とご記入いただき、必ず環境創造課までご連絡ください。

寄付金控除について

本市への寄付金については、確定申告等を行なっていただくことにより一定の限度まで所得税と個人住民税の寄附金控除の適用を受けることができます。また、ふるさと納税として寄付していただきますと、「ワンストップ特例制度」の利用でふるさと納税寄付金額分の確定申告を省略できる場合があります。

詳しくは、総務省ホームページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境創造課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6301
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp