尼崎市の緑化事業について(助成事業等)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003777 更新日 平成30年10月15日

印刷大きな文字で印刷

保護樹木・保護樹林

保護樹林・保護樹林とは

自然の少ない本市において、現存する貴重な古木や大木を保護樹木、保護樹林として指定しています。
この指定は、保護樹木等の保護養生に助成する事業の一環として、「尼崎市の環境をまもる条例」に基づいて行なわれており、平成27年度は障害枝剪定等4件に対して助成しました。
平成28年12月末現在で。65本の保護樹木、41か所(77,423平方キロメートル)の保護樹林が指定されています。

指定基準

保護樹木

1.5メートルの高さで幹周囲が1メートル以上、樹高が10メートル以上 など

保護樹林

保護樹木等の集団で、面積が300平方メートル以上 など

各種様式

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 土木部 公園計画・21世紀の森担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館6階
電話番号:06-6489-6530
ファクス番号:06-6488-8883