尼崎市不育症検査費用助成事業

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1027402 更新日 令和4年4月6日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市不育症検査費用助成事業について

尼崎市では、不育症の方の経済的な負担軽減のため、現在、研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、不育症検査に要する費用の一部を助成します。

大切なお知らせ(必ずお読みください)

令和4年4月1日より尼崎市不育症検査費用助成事業の助成対象検査である「絨毛染色体検査(流産検体を用いた染色体検査)」が保険適用となります。
そのため、令和4年4月1日以降に実施した「絨毛染色体検査(流産検体を用いた染色体検査)」の検査費用は助成対象となりませんので、ご注意ください。

【注意】尼崎市不育症治療支援事業とは異なる事業です

検査及び治療費の助成事業である「尼崎市不育症治療支援事業」とは異なる事業ですので、ご注意ください。

「尼崎市不育症治療支援事業」と「尼崎市不育症検査費用助成事業」のどちらの申請要件も満たす場合がありますが、絨毛染色体検査の費用助成を重複してを受けることはできませんので、どちらかの制度を選択し、申請してください。

事業概要

事業実施主体
尼崎市
助成対象者

1~3すべてに該当している方が対象

  1. 尼崎市内に住所を有する方
  2. 2回以上の流産、死産の既往がある方
  3. 申請する検査費用について、他の自治体が実施する助成を受けていない方
受付期間

検査日の属する年度内または、検査日から3カ月以内で、どちらか遅い日まで

助成内容

先進医療として告示されている不育症検査費用を助成します(ただし、以下1及び2の要件に該当する保健医療機関で受検したものに限ります。)

  1. 不育症に係る先進医療の実施医療機関として届出を行っている、または承認されていること
  2. 保険適用されている不育症に関する治療・検査を、保険診療として実施していること
助成対象検査

絨毛染色体検査(先進医療A25 流産検体を用いた染色体検査)令和4年3月31日までに検査を受けたものに限ります

助成対象となる医療機関かどうかは厚生労働省のホームページをご確認ください。(関連情報 外部リンク参照)

助成額
助成対象検査に要した医療費 上限5万円(保険診療分は対象外)
助成回数
助成回数の制限はありません。
申請受付
申請受付、問い合わせ窓口は尼崎市保健所健康増進課
申請書配布
尼崎市保健所健康増進課及び北部・南部保健福祉センター北部・南部地域保健課
申請関係書類
  1. 尼崎市不育症検査費用助成事業申請書(申請者の自署が必要です)
  2. 尼崎市不育症検査費用助成事業受検証明書(領収書の原本が必要です)
  3. 不育症検査結果個票
  4. 尼崎市に居住していることを証明する書類(原則として住民票の写し(発行後3カ月以内のもの)です。同意があれば市が確認し、書類の提出を省略できます。)

(注)2、3については医療機関(主治医)の記入が必要です。

1~3については添付ファイルよりダウロードしていただけます。また、保健所健康増進課及び北部・南部保健福祉センター北部・南部地域保健課にて配布しています。

支給方法
申請書等を審査し、承認したときには、支給決定日の翌月末に、口座振込みにより支給

兵庫県不妊・不育専門相談/男性不妊専門相談について

兵庫県では、不妊の悩みから治療の方法や内容について、また、習慣性流産・不育症、男性不妊等、妊娠に関する相談窓口があります。専門知識を持つ医師や助産師がお応えします。相談は無料、秘密は厳守されます。

詳しくは、兵庫県健康福祉部健康局健康増進課へ(関連情報 外部リンク参照)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

保健担当局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049