犬と猫のマイクロチップの装着義務化について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1030776 更新日 令和4年6月1日

印刷大きな文字で印刷

購入した犬や猫のマイクロチップ情報の登録が義務になります

 令和4年6月1日から、ブリーダーやペットショップ等で販売される犬や猫について、マイクロチップの装着が義務化されました。
 このため、令和4年6月1日以降、ブリーダーやペットショップ等で購入した犬や猫にはマイクロチップが装着されており、飼い主になる際には、飼い主自身の情報に登録を変更する必要があります。
 また、令和4年5月31日までに飼育を始めた犬や猫については、マイクロチップの装着は努力義務となっています。マイクロチップを装着すると、犬や猫が迷子になったときや、地震や水害などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離れてしまった後に、飼い主の元に戻れる可能性が高まる等といった利点があることから、マイクロチップを装着するよう努めるようにしてください。

マイクロチップ情報登録機関

登録方法等の最新情報は公益社団法人日本獣医師会ホームページ(下記リンク)をご参照ください。

このページに関するお問い合わせ

尼崎市動物愛護センター(保健担当局 保健部 生活衛生課)
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号
電話番号:06-6434-2233
ファクス番号:06-6434-2293