平成20年度尼崎市代表団の報告

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1006839 更新日 平成30年2月21日

印刷大きな文字で印刷

 平成20年10月22日(水曜日)から25日(土曜日)までの間、友好都市提携25周年を記念して、市長を団長とする尼崎市代表団(4名)が友好都市鞍山市を訪問し、鞍山市長や鞍山市人民代表大会への表敬訪問等を行いました。

10月22日(水曜日)<滞在1日目>

鞍山市人民代表大会表敬訪問の様子

 
 <鞍山市人民代表大会表敬訪問>
  鞍山市人民代表大会を表敬訪問し、スポーツや経済等について話し合い、友好都市提携25周年の記念品を贈呈しました。

尼崎市からの記念品・菰樽


 <記念品贈呈>
 尼崎市から鞍山市人民代表大会へ尼崎市内で製作された菰樽を贈呈しました。
 鞍山市人民代表大会の皆様も大きな金色の菰樽に喜んでいただきました。

10月23日(木曜日)<滞在2日目>

鞍山市ハイテク開発区見学の様子

 
 
 <鞍山市ハイテク開発区訪問>
 鞍山市ハイテク開発区の管理委員会において、開発区全体の概要等に関する説明をうかがいました。

鞍山市ハイテク開発区企業視察の様子

 
 <科大聚龍集団視察>
 鞍山市ハイテク開発区内の企業(科大聚龍集団)を視察しました。
 この企業ではATM(現金自動預け払い機)を製造しているとのことです。

鞍山市人民政府表敬訪問の様子

 
 <鞍山市長表敬訪問>
 鞍山市人民政府を表敬訪問し、谷春立(こく しゅんりつ)市長と友好都市提携25周年の祝いの言葉を交わしました。

鞍山市都市企画展示庁視察の様子

 
 <鞍山市都市企画展示庁視察>
 鞍山市都市企画展示庁を視察しました。
 鞍山市のジオラマを見ながら都市の説明を受けました。
 鞍山市の急速な発展のため、代表団視察の翌日から全面改装を行う予定だとのことです。 

日本語学科の学生たちによる歓迎の言葉

 
 <鞍山市師範学院訪問>
 鞍山市師範学院を訪問しました。
 日本語学科の学生たちが黒板に尼崎市代表団の訪問を歓迎する言葉やイラストを描いて出迎えてくださいました。

鞍山市師範学院の授業の様子

 
 <鞍山市師範学院の授業見学>
 鞍山市師範学院で日本語の授業を見学しました。
 学生からは「将来、日本と中国の友好の懸け橋になりたい」という心強い言葉をいただきました。

友好都市提携25周年記念品交換の様子

 
 <尼崎市民団と合同夕食会> 
 尼崎市民団と合同で鞍山市副市長主催の歓迎夕食会に出席しました。
 写真は友好都市提携25周年の記念品を交換したときのものです。

友好都市提携25周年の記念品

 <友好都市提携25周年の記念品>
 奥のお皿2枚が、尼崎市から鞍山市へ贈った、尼崎ゆかりの琴浦窯の陶器です。
 鞍山市の花である「スイカズラ」(左)と尼崎市の木である「ハナミズキ」(右)が描かれており、友好関係を表現しています。
 手前は鞍山市から贈られた玉(ぎょく)の置物です。この玉(ぎょく)は、尼崎市役所2階渡り廊下に飾っています。

10月24日(金曜日)<滞在3日目>

千山の風景


 <千山見学>
 「千山に登らない者は鞍山に来たことにはならない」ということわざがあるそうで、鞍山市の景勝地「千山」に尼崎市代表団も徒歩で登りました。

鞍山市図書館視察の様子

 
 <鞍山市図書館視察>
 鞍山市図書館を視察しました。
 図書館には、平成7(1995)年10月に「日中友好尼崎文庫」贈呈使節団から贈呈された文庫やビデオテープ等が大切に保管されています。

鞍山市婦人児童連合会表敬訪問の様子


<鞍山市婦人児童連合会表敬訪問> 
 鞍山市婦人児童連合会を表敬訪問しました。
 このなかには平成16(2004)年に「女性企業家団」の一員として本市を訪問された団員がおられ、4年ぶりとなる再会を喜び合うとともに、ワーク・ライフ・バランスの確立等について話し合いました。

10月25日(土曜日)<滞在4日目>(帰国日)

玉仏苑

 
 <玉仏苑見学>
 鞍山市の観光名所である「玉仏苑(ぎょくぶつえん)」を見学しました。
 中には世界一の玉仏があります。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 文化振興担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:
06-6489-6385(文化振興)
06-6489-6017(国際交流)
ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:
ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp(文化振興)
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)