障害福祉サービス等事業者に対するサービス継続支援事業について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023271 更新日 令和4年7月28日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症の影響下において、感染機会を減らしつつ、障害者・児に必要なサービスや支援(以下「サービス等」という。)を継続して提供できるよう、新型コロナウイルスの感染者の発生や濃厚接触者への対応にあたった事業所等に対して、通常のサービス等の提供時では想定できないかかり増し経費”等に対する費用補助を行うことで、障害福祉サービス等事業所における支援体制を確保することを目的とします。
 
 消耗品の購入等は、必ず年度内(令和5年3月31日まで)に納品・支払まで完了してください。
 (年度内に完了できるものに限って補助の対象となります。)

 本事業による費用助成を希望する事業者においては、申請前に必ずお問い合わせください。

事業内容と対象事業所

(1) 障害福祉サービス等事業所のサービス継続支援

 令和3年4月1日以降で、次の1.から5.の事業所が、関係者との緊急かつ密接な連携の下、感染機会を減らしつつ、障害福祉サービスを継続して提供するために必要な経費を支援するものとなります。

【対象事業所】

  1. 利用者又は職員に新型コロナウイルスの感染者が発生した障害福祉施設等
    (職員に濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含みます。)
  2. 濃厚接触者に対応した短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所及び障害者支援施設等
  3. 都道府県又は保健所から休業要請を受けた通所系サービス事業所及び短期入所サービス事業所
  4. 発熱等の症状を呈する利用者又は職員に対し、一定の要件のもと、自費で検査を実施した障害者支援施設等
    (1、2の場合を除く。一定の要件を含む具体的な取扱いについては、参考資料1及び2をご確認ください。)
  5. 「新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」(令和2年4月14日尼崎市健康福祉局法人指導課長・障害福祉課長事務連絡)に基づき、できる限りの支援(利用者の居宅への訪問によるサービス等に限る。)を行った通所系サービス事業所(1、3の場合を除く。)
    ただし、上記事務連絡に基づき、南部・北部障害者支援課へ「臨時的な在宅でのサービス支援に係る届出書」が未提出の事業所については、対象となりません。

(2) 障害福祉サービス等事業所との協力支援

 令和3年4月1日以降で、次の1.から3.の事業所の利用者に必要なサービスを確保する観点から「当該事業所の利用者の積極的な受け入れ」又は「当該事業所の職員が不足した場合の応援職員の派遣」を行うことで協力した事業所(障害福祉サービス等事業所・障害者支援施設等・相談支援事業所)に対して、緊急かつ密接な連携を実施するために必要な経費を支援するものです。

【対象事業所】

  1. 利用者又は職員に新型コロナウイルスの感染者が発生した障害福祉サービス等事業所、障害者支援施設等及び相談支援事業所(職員に濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含む。)
  2. 都道府県又は保健所から休業要請を受けた通所系サービス事業所及び短期入所サービス事業所
  3. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業(各事業者が定める運営規程の営業日において、営業しなかった日(利用者の居宅への訪問によるサービス等のみを提供する場合を含む。)が連続3日以上の場合をいう。)した障害福祉サービス等事業所

補助対象経費・補助基準単価

 サービス種別や事業区分によって異なります。「尼崎市障害福祉サービス等確保支援事業実施要綱」(参考資料1)、「新型コロナウイルス感染症に係る障害福祉サービス事業所等に対するサービス継続支援事業実施要綱(厚生労働省)」(参考資料2)、「Q&A集」(参考資料3)をご確認ください。
 (注)対象経費は、濃厚接触者等が発生した以降に生じた経費のみが該当します。事象発生以前の経費は該当しません。

その他

  1. 国・県等による他の補助金等を受けているものについては、本事業の対象となりません。また、通常のサービス等の提供時で想定されるような衛生用品や賃金は対象となりません。
  2. 補助申請を行っていただく際には、補助申請を行う法人名義で補助対象経費を支出(発注・納品・支払等)したことが確認できる資料(例:見積書、納品書、領収書、カード利用明細書、通帳の写し等)が必要です。
  3. 人件費について、緊急雇用に係る経費や割増賃金・手当等の申請を行っていただく際には、出勤簿やタイムカード等の勤務実績が確認できるものとあわせて、給与明細一覧等の支払実績が確認できるものが必要となります。また、特別手当等の場合については、補助申請を行う法人規定の決裁や取り決め等の文書が必要となりますので、ご注意ください。
  4. 衛生用品について、対象品目のお問い合わせを多くいただいております。対象品目は、感染を防ぎ又は消毒するために使用する衛生用品として、多量に消費するマスク、手袋、ガウン、フェイスシールド、ゴーグル、清拭クロス、ドライシャンプー、消毒液などの防護具や消毒品に限定されています。したがって、体温計、パルスオキシメーター、パーテーション、ポータブルトイレ、ブラシ、バケツ、ゴミ箱などの器具や備品、おむつなどは補助対象外となります。

申請期日

 令和4年度分の申請は随時受け付けます
 現時点で令和4年度分の申請期日は設けていませんが、申請状況等によっては、支払審査に時間を要することがありますので、申請準備が整い次第、速やかに申請いただきますようお願いします。

参考資料

本事業に関する問い合わせ先

部署
健康福祉局 障害福祉担当(部) 障害福祉政策担当
TEL

06-6489-6577

FAX
06-6489-6351
所在地
〒660-8501
兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館2階

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 北部保健福祉センター 北部障害者支援課
健康福祉局 南部保健福祉センター 南部障害者支援課
健康福祉局 福祉部 障害福祉課
健康福祉局 福祉部 障害福祉政策担当

お住まいの地域がJR神戸線より北部の方
(北部保健福祉センター北部障害者支援課)
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目1番1号 塚口さんさんタウン1番館5階

お住まいの地域がJR神戸線より南部の方
(南部保健福祉センター南部障害者支援課)
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番地 出屋敷リベル5階

障害福祉サービスの報酬の請求など
(障害福祉課)
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号:
06-4950-0374(北部保健福祉センター 北部障害者支援課)
06-6415-6246(南部保健福祉センター 南部障害者支援課)
06-6489-6750(障害福祉課)

ファクス番号:
06-6428-5118(北部保健福祉センター 北部障害者支援課)
06-6430-6803(南部保健福祉センター 南部障害者支援課)
06-6489-6351(障害福祉課)