市有地を活用した休日夜間急病診療所の整備にかかるサウンディング調査について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1024975 更新日 令和3年12月17日

印刷大きな文字で印刷

休日夜間急病診療所の整備に係るサウンディング調査の実施

尼崎市では、老朽化が進んだ休日夜間急病診療所の建替えを検討しています。

建替えにあたっては、感染症対策の強化などを念頭に置いた設備やレイアウトなどの機能面での強化だけではなく、市の財政負担を軽減できる手法や市有地の有効活用につながる手法を採用したいと考えています。

そこで、民間事業者の皆さまとの対話を通じて、アイデア等を広くお伺いし、今後の施設整備の手法等の検討に活かし、民間事業者の皆様がノウハウや技術を活用し、事業に参入しやすい条件を整えていくため、サウンディング型市場調査(以下、「サウンディング調査」という。)を実施します。

市が現時点で考えている事業スキームやサウンディング調査実施までのスケジュールなどは下記ファイルをご確認ください。

※6/10更新 別紙3の日程に誤りがありましたので訂正しました。正しくは6月30日(水曜日)から7月2日(金曜日)です。

事前質問への回答について

休日夜間急病診療所の整備に係るサウンディング調査の実施要領に基づく事前質問と質問に対する回答について、以下のとおり掲載します。

サウンディング調査実施結果報告

建替えを予定している休日夜間急病診所の整備手法について検討するためにサウンディング調査を実施し、3つの事業グループに参加いただき、民間事業者の皆様との対話を通じて、貴重なご意見・ご提案をいただくことができました。つきましては、今回の調査結果について以下の通り公表します。今後、今回の調査結果を踏まえ、具体的な整備手法についての検討を進めていきます。

今回のサウンディング調査にご参加いただいた事業者の皆様におかれましては、お忙しい中ご協力いただきまして誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

(令和3年12月17日追記)

今回のサウンディング調査において頂きましたご意見・ご提案を踏まえ、休日夜間急病診療所の整備手法について検討を重ねて参りましたが、サウンディング調査実施要領でお示しした事業スキームの採用は見送ることとし、市の単独施設として、令和7年度中の供用開始を目指して整備していくこととなりました。サウンディング調査にご参加頂きました事業者の皆様には改めてお礼申し上げます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

資産統括局 財務部 ファシリティマネジメント推進担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:06-6489-6526
ファクス番号:06-6489-6628
メールアドレス:ama-facility@city.amagasaki.hyogo.jp