認知症の人が安心して外出できる取組みについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1031296 更新日 令和4年8月5日

印刷大きな文字で印刷

認知症の症状によって、外出中に自分がどこにいるか、わからなくなり、家に戻れなくなることがあります。行方不明になる心配がある認知症の人やご家族が、安心して外出できるよう様々な取組みを進めています。

認知症高齢者等GPS利用支援サービス

gps

位置情報探索器(GPS)を借りる初期費用(機器利用登録料)を市が負担します。位置情報をスマートフォンなどで確認できます。

※制度の詳細は下記リンクよりご確認ください。

認知症みんなで支えるSOSネットワーク

sos

事前に名前や写真を登録することで、行方不明になった場合に警察や市の見守り事業所へ情報を発信し、早期発見・保護につなげる仕組みです。

※制度の詳細は下記リンクよりご確認ください。

認知症高齢者等個人賠償責任保険

kobai

認知症の人が日常生活における偶然な事故により、他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりしてご本人やその家族が法律上の損害賠償責任を負ったときに、その賠償金を補償する保険です。(加入には要件があります。)

※制度の詳細は下記リンクよりご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 福祉部 高齢介護課・包括支援担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階
電話番号:06-6489-6356
ファクス番号:06-6489-6528
メールアドレス:ama-koureikaigo@city.amagasaki.hyogo.jp