認知症高齢者等GPS利用支援サービス

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1004091 更新日 令和4年4月14日

印刷大きな文字で印刷

位置情報検索システムを活用したサービス

事業内容

 在宅の認知症高齢者等が屋外でひとり歩きしたときに、早期に発見する位置情報検索システムを活用し、事故防止など家族の介護負担の軽減を図るため、次のサービスを行います。

 ※令和4年度より、「徘徊高齢者等家族支援サービス」から「認知症高齢者等GPS利用支援サービス」に事業名称変更しました。

  • 認知症高齢者等の介護者に位置情報端末機(携帯用小型)を貸与し認知症高齢者等の身に着けていただく
     
  • 屋外でのひとり歩き(徘徊)により所在不明になった際、家族等が位置情報検索システム(電話又はインターネット検索)を活用し、位置情報の提供を受ける

対象者及び利用者負担等

認知症GPSチラシ

 ひとり歩き行動のみられる65歳以上の在宅の認知症高齢者等(若年性認知症により要介護認定を受けている65歳未満の人を含む。)を、介護している家族

こんなときは

市内から市内に引越したとき

 制度を利用している人は、住所変更手続きが必要です。
 

持参するもの

 運転免許証やパスポートなど新しい住所を確認できるもの

市内から市外に引越したとき・亡くなったとき

 廃止手続きをしてください。(連絡先:ワークセンター和楽園 電話・ファクス 06-6488-2485)

受付

 包括支援担当または北部・南部保健福祉センター内の各福祉相談支援課、各地区の保健福祉申請受付窓口まで

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 福祉部 高齢介護課・包括支援担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階
電話番号:06-6489-6356
ファクス番号:06-6489-6528
メールアドレス:ama-koureikaigo@city.amagasaki.hyogo.jp