フレイル予防

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1016396 更新日 令和2年5月21日

印刷大きな文字で印刷

フレイルチェックについて

フレイルとは

フレイルとは、年齢を重ね体力や気力が低下した状態を言います。

いわゆる虚弱を意味する言葉でフレイルは英語のfrailty(虚弱)からの造語です。

フレイルの時期は、健康と介護が必要な状態の中間を指します。

フレイルチェックとは

市内の住民活動の場に出向き、参加者にハンドブックや機器を使用して、

フレイル(虚弱)のチェックをするものです。所要時間はおよそ2時間です。

市民フレイルサポーターについて

フレイルサポーターとは

フレイルチェック会の様子

市内の住民活動の場に出向き、参加者へのフレイル(虚弱)の啓発・フレイルチェックを行うボランティアです。

現在17名の市民フレイルサポーターが活動されています。フレイルサポーターの認定には

フレイルサポーター養成講座の受講が必要となります。

フレイルサポーター養成講座

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月の開催を延期します。詳しい日程が決まり次第ホームページにてお知らせします。

日時:令和2年6月18日(木曜日)、6月19日(金曜日) 

   両日とも午後1時30分から午後4時30分まで(受付は午後1時から)

場所:中央北生涯学習プラザ 学習室ABC(尼崎市東難波町2丁目14-1)

定員:30名(先着順になります)

対象者:市内の住民活動の場に出向き、参加者へのフレイル(虚弱)の啓発・フレイルチェックを

    ボランティアとして実施できる方

講師:NPO法人ヘルスプロモーション研究センター 谷口 和也先生

アドバイザー:尼崎市フレイルサポーター 1期生の皆様

内容:1日目【講義】「市民による、市民のための フレイル予防 ~フレイルサポーターとして

           何ができるのか~」

   2日目【講義・実技】「フレイルチェックの実際」

申込期間:令和2年5月11日(月曜日)から6月12日(金曜日)まで

申込先:お電話にて尼崎市役所 包括支援担当課まで TEL:06-6489-6356

※申し込みの受付時間は平日午前9時から午後5時30分までになります。

※フレイルサポーター認定には6月18日(木曜日)、6月19日(金曜日)の講座両日および別途設定する

 フレイルチェック実地研修(日程未定)への参加が必要となります。

※スケジュールの詳細については、別紙をご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 福祉部 高齢介護課・包括支援担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館3階
電話番号:06-6489-6356
ファクス番号:06-6489-6528
メールアドレス:ama-koureikaigo@city.amagasaki.hyogo.jp