大気汚染防止強化期間

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013564 更新日 令和4年10月27日

印刷大きな文字で印刷

11月から翌年1月は大気汚染防止強化期間です

 酸性雨等の原因となる窒素酸化物は、暖房機器の使用や気象条件の影響等により、冬季に高濃度となる傾向があります。窒素酸化物を減らすために、尼崎市では11月1日から翌年1月31日までを「大気汚染防止強化期間」としています。

 窒素酸化物を少しでも減らすため、次のことにご協力をお願いします。

  • 暖房温度を適切(室温が20℃程度になるように)に設定し、省エネルギーに努めましょう
  • 発電機やボイラー等の点検・適正管理を徹底しましょう
  • 自動車等については、できる限り運行を抑制するとともに自動車の整備点検を徹底しましょう
  • 駐停車時はエンジンを停止し、不必要なアイドリングを止めましょう
  • 急な加減速を控えるなど、エコドライブを心がけましょう
  • 貨物自動車は点検整備の励行と過積載防止に努めましょう

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境保全課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6305
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kogai@city.amagasaki.hyogo.jp