地区まちづくりルールに関する手続

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1011999 更新日 令和2年2月10日

印刷大きな文字で印刷

手続について

地区まちづくりルールの区域内において対象行為に該当する行為を行う場合、着手する日の30日前までに市へ地区まちづくりルールの届出を行う必要があります。併せて、対象地区のまちづくり推進団体との協議を行ってください。

対象行為とは

  • 建築物の建築
  • 工作物の建設
  • 土地の区画形質の変更
  • その他対象区域の住環境に影響を及ぼすおそれがある行為

(注意)対象行為は上記の中から各登録まちづくり活動団体が定めます。

届出

対象行為に該当する行為を行おうとする場合は、着手する日の30日前までに届出が必要です。また、届出の内容を変更しようとする場合には、内容変更後の対象行為に該当する行為に着手しようとする30日前までに変更届出を行ってください。

届出に係る行為を継承した場合には、遅滞なく、事業継承届出を行う必要があります。

届出先

尼崎市都市整備局都市計画部都市計画課
電話番号:06-6489-6604

届出書の様式

届出書の様式については下記よりダウンロードいただけます。

添付図書

付近見取り図等の添付が望ましいですが、特に定めはありません。

まちづくり推進団体との協議

届出と併せて、まちづくり推進団体との協議を開始してください。

協議の進め方

1.まちづくり推進団体への連絡

まちづくり推進団体へ連絡をとり、協議する日時と場所を相談してください。
その際、「建築のための土地を探している」、「戸建住宅を計画したいと考えている」など、協議を開始する時点での具体的な計画状況をお伝えください。

2.まちづくり推進団体との協議

まちづくり推進団体との協議を行い、協議報告書を作成してください。協議報告書の内容に齟齬が無いよう、まちづくり推進団体による確認を行います。

協議の際に必要な書類

以下の書類は事業者側でご用意願います。必要部数はまちづくり推進団体と ご相談ください。 

  • 協議報告書(事業者記入欄に計画内容を記入してください)
  •   建築計画等の図面があれ ばその図  面(配置図、立面図、外構図等)
3.協議報告

協議報告書の写し(協議に使用した図面等を含む)をまちづくり推進団体と市へ提出し、協議内容を報告してください。協議報告書の原本は施工者へ引継ぐとともに、届出者本人において最終管理してください。
まちづくり推進団体との協議が複数回にわたる場合は、その都度、協議報告書へ追記し、協議報告も行う必要があります。

注意事項

下記の注意事項を十分にご留意いただき、余裕をもった手続を行うようにしてください。

  • 地区計画等策定区域では、地区計画等に関係する項目のうち、地区まちづくりルールに定める主要事項(協議報告書内 指定事項欄*印の項目)について、地区計画等の届出までに協議を完了する必要があります。
  • 事前協議(尼崎市住環境整備条例第23条)に関係する項目のうち、地区まちづくりルールに定める主要事項(協議報告書内 指定事項欄*印の項目)については、事前協議の届出までに協議を完了する必要があります。

市の窓口

尼崎市都市整備局都市計画部都市計画課
電話番号:06-6489-6604 FAX:06-6489-6597

協議報告書

協議報告書は地区により書式が異なります。下記より対象地区を選択しダウンロードしてください。

工事までの手続の流れ

手続きフロー図

継続協議について

地区計画等の届出及び事前協議の内容に影響しない事項については、必要に応じて継続協議を行います。
ルールの内容によっては、まちづくり推進団体との協議の上、施工段階での確認等を団体が行うこともあります。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 都市計画部 都市計画課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館5階
電話番号:06-6489-6604
ファクス番号:06-6489-6597
メールアドレス:ama-tosikeikaku@city.amagasaki.hyogo.jp