ヒトパピローマウイルス感染症のキャッチアップ接種について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1030155 更新日 令和4年9月7日

印刷大きな文字で印刷

 ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種の、積極的な接種勧奨の差し控えにより接種の機会を逃した方が、時限的に従来の定期予防接種の対象年齢を超えて接種を受けること(以下「キャッチアップ接種」という。)が可能となりました。

対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた女子

キャッチアップ接種実施期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

接種方法

特に接種券は必要ありませんので尼崎市医師会加入の市内定期予防接種機関で予約の上、本人確認が出来る保険証等及び母子手帳を持参し接種してください。

※ 母子手帳を紛失された方は、接種歴の確認できるもの(予診票の写しなど)又は市町村が発行する予防接種記録書(定期予防接種対象年齢時に居住していた自治体が発行したもの)を持参して接種してください。

尚、本市の予防接種記録書を発行するためには、事前に申請書の提出が必要となります。

※実施医療機関については、下記リンク先一覧表に掲載しておりますが、キャッチアップを実施していない医療機関がありますので、事前に医療機関に電話等で確認してください。

 

接種料金

無料です。(但し、令和7年3月31日を過ぎると、全額自己負担となります)

接種回数と接種ワクチン

接種回数

 3回接種のスケジュールにおける接種不足回数分がキャッチアップ接種の対象となります。
 一度も接種していない方は最大3回の接種が可能ですが、1回、あるいは2回の接種を既に実施している方は、初回からやり直すことなく残りの回数を接種してください。

接種ワクチン

 接種対象のワクチンは定期接種と同様に2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)の2種類です。

 途中まで接種が済んでいる方については、過去の接種歴と同一の種類のワクチンで残りの回数の接種を行ってください。但し、過去に接種したワクチンの種類が不明な場合、キャッチアップ接種を実施する医療機関の医師と被接種者とで十分に相談した上で、接種するワクチンを選択してください。

このページに関するお問い合わせ

保健担当局 保健部 感染症対策担当(尼崎市保健所感染症対策担当)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3062(結核、感染症、肝炎治療、予防接種)
ファクス番号:06-4869-3049