【医療機関向け】ワクチン接種関係事務について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1025876 更新日 令和3年11月25日

印刷大きな文字で印刷

ページ概要

 このページは医療関係者向けの情報を掲載しています。

 掲載している情報は、現時点での情報であり、国・県の動向、ワクチン供給状況等により変更される場合があります。

 なお、医療機関向けの情報については、厚生労働省のホームページなどを事前にご確認いただきますようお願いいたします。

このページの先頭に戻る

接種開始にあたって

接種開始にあたって

 各医療機関が新型コロナワクチンの予防接種を開始するにあたっては、以下の手続きを行っていただきます。
 接種を始める1カ月程前までに着手いただくようお願いします。

(1)集合契約への参加
(2)V-SYS(ワクチン接種円滑化システム)への初期登録

(1)集合契約への参加

 新型コロナワクチン接種開始に際し、一括して全国の市町村から委託契約を受けるための「集合契約」へ参加する必要があります。

 契約への参加については、ワクチン接種契約受付システムで作成した委任状を、取りまとめ団体(尼崎市医師会所属の医療機関の場合は尼崎市医師会、無所属の場合は尼崎市)に提出したのち、当団体がシステム情報と照合して受領確認を行うことで、完了となります。

【参加方法】
 (1)ワクチン接種契約受付システムで委任状を作成
 (2)作成した委任状を、尼崎市医師会所属の医療機関の場合は尼崎市医師会、無所属の場合は尼崎市へ提出
 (3)取りまとめ団体にて受領確認を行い完了

《保険医療機関コード等のない医療機関の手続き》
 保険医療機関コード(医科)、特定健診機関コード及び介護保険事業者番号(介護老人保健施設・介護医療院)のいずれも有しない医療機関が委任状を提出するためには、都道府県を通じて申請し、保険医療機関コード等に相当するコードの新規付番を受けることが必要です。
 新規付番の詳細は、以下の添付ファイルをご確認ください。

 

(2)V-SYS(ワクチン接種円滑化システム)への初期登録

 V-SYSは、ワクチンの配送に関する情報のやりとりを行うためのシステムです。 集合契約への参加時に登録したメールアドレスに、V-SYS用のIDが送付されます。パスワードは届いたメールから自ら初期設定を行っていただきます。
 V-SYSに医療機関情報を入力すると、初期登録が完了します。 併せて、取り扱う予定のワクチンや、接種する医師の連絡先などを入力いただきます。この情報をもとに、ワクチンメーカーから、医薬品に関する情報提供がなされます。

 集合契約への参加やV-SYSの登録とは別に、ワクチンの配送を受けるには本市と直接のやり取りとなります。また、医療機関において委任状の作成ができないなどがありましたら、本市へご連絡ください。

 なお、集合契約への参加が完了し、本市からワクチンの配送を受け、実際に医療機関でワクチン接種を行った後の流れについては、引き続きご覧ください

このページの先頭に戻る

予診票等の提出

予診票の提出

 個別の医療機関でワクチン接種を終えた被接種者の予診票については、現在本市委託業者によって、ワクチン配送時の予診票回収と予診票のみの回収日を設け、週2日で回収しております。
 ついては、各医療機関において、予診票回収の機会にご提出いただきますようお願いいたします。

 また、国のワクチン接種登録システム(VRS)への登録状況が、今後のワクチン配送量に影響しますので、特に、VRS登録作業を本市が代行している医療機関については、予診票をこまめにご提出いただきますようご協力お願いいたします。

 なお、回収後の予診票原本のうち、尼崎市分については、本市が保管することとなり、他都市分については、請求書作成後に兵庫県国民健康保険団体連合会(国保連)を通じて、被接種者の住民票の記載のある市区町村へ郵送され、当該市区町村の手元で保管されることとなります。 

請求書の提出

 個別の医療機関で実施しているワクチン接種費用の請求事務等については、国が構築するワクチン接種契約受付システム(V-SYS)上で行いますが、VRS登録作業の実施状況に応じて以下のとおりとなっております。

VRS登録作業を自院で行う医療機関

 予診票に貼付されているクーポン券を自院でVRSにご登録いただいている医療機関については、請求書の作成等についても、貴院で実施していただくことになります。

 ついては、当該接種を行った日が属する月の翌月10日までに、VRS登録が終了している予診票原本のうち、尼崎市分については、本市まで直接ご提出いただくか、委託業者の実施する予診票回収時にお預けください。
 他都市分については、市区町村別請求書をV-SYSで作成のうえ、国保連に直接ご提出いただくか、上記と同じように本市にご提出ください。
 なお、本市に提出する場合、国保連へ10日必着となっている関係から、2営業日前までに到着したものを国保連へ郵送しております。

VRS登録作業を本市が代行している医療機関

 予診票に貼付されているクーポン券のVRS登録作業を本市が代行している医療機関については、請求書の作成等についても、本市が代行しているところです。

支払及び請求の取り扱いについて

○尼崎市民分の予診票等に関して
 尼崎市民分については、実施月の翌月10日までに受理した予診票に基づき本市が審査を終了した日の属する月の翌月末までにお支払いいたします。
 なお、実施月の翌月11日以降に受理した予診票については、翌々月10日の提出と同じ扱いとし、次回の支払い時に合算いたします。

○他都市の市民分の予診票等に関して
 他都市の市民分については、実施月の翌月10日までに受理した予診票に基づき、国保連への請求書を本市が作成し、国保連へ送付します。その後、国保連より支払いがあります。
 また、他都市分の予診票原本については、請求書提出に併せて国保連へ提出することとなっておりますので、請求書提出時点をもって本市の管理下から離れることとなります。
 なお、実施月の翌月11日以降に受理した予診票については、翌々月10日の提出と同じ扱いとしており、次回の請求時に合算いたします。

このページの先頭に戻る

時間外・休日接種に関する請求

時間外・休日接種等の請求について

 時間外・休日接種に関する請求については、令和3年12月1日以降、予診票が新しい様式となってます。
 新様式予診票の医師記入欄にあるマークを塗りつぶした上、通常接種費用に併せて請求してください。
 ついては、医師記入欄にあるマークの塗りつぶしを確実に行ってください(レ点などはおやめください)。

 なお、本市では令和3年12月以降、新様式となる予診票のみの利用をお願いしているところですが、諸事情により、令和3年11月30日以前の旧様式を使用した場合、通常の接種費用とは別で請求することになるため、市までご相談ください。

対象期間

(実施月の翌月10日)令和3年12月1日以降に実施した時間外・休日接種分
(12月24日締め)令和3年10月3日から令和3年11月30日までに実施した時間外・休日接種分
(11月30日締め)令和3年8月1日から令和3年10月2日までに実施した時間外・休日接種分
(終了)令和3年4月1日から令和3年7月31日までに実施した時間外・休日接種分

請求額

内 容 計算方法
時間外 730円×予診実施回数+消費税
休 日 2,130円×予診実施回数+消費税

提出物

【令和3年12月実施分から】

 時間外等の該当欄を塗りつぶした予診票と予診票報告書とともに市へ提出してください。

【参考】新様式予診票の医師記入欄

【令和3年11月実施分まで】

○パソコンで入力する場合

 下にある時間外・休日接種請求書等様式(PC入力用)のエクセルデータをダウンロードし、時間外及び休日対応に係る請求書(様式1)及び実績報告書(様式2)を作成してください。
 各様式はエクセルデータ内で診療所用と病院用に分かれて一つのシートにまとまっておりますので、適切なシートを選択してご利用ください。
 なお、印刷時に、個別接種促進のための支援に係る請求書(様式3)も含まれておりますが、窓口が兵庫県となりますので、本市に提出いただいても受理することはございません。ご了承ください。

○手書きで入力する場合

 下にある時間外・休日接種請求書等様式(手入力用)のエクセルデータをダウンロードし、時間外及び休日対応に係る請求書(様式1)及び実績報告書(様式2)を作成してください。
 各様式はシートごとに分けられており、実績報告書(様式2)及び個別接種促進のための支援事業に係る請求書(様式3)は、さらに診療所用と病院用で分かれておりますので、適切なシートを選択してご利用ください。
 なお、個別接種促進のための支援事業に係る請求書(様式3)は、窓口が兵庫県となりますので、本市に提出いただいても受理することはございません。ご了承ください。

○マニュアル

 請求書等の作成方法については、下にあるマニュアルに沿って作成ください。

提出期日

 上記対象期間における請求の提出期日は、令和3年8月~9月分は令和3年11月30日まで、令和3年10月~11月分は令和3年12月24日までに必着とします。

提出先

 郵送で提出される際は、下記の住所まで提出ください。

〒660-0052
尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
新型コロナワクチン接種費用請求担当 宛

参考

 時間外・休日対応については、以下のとおり定義されております。

このページの先頭に戻る

個別接種促進のための支援事業に関する請求

 個別接種促進のための支援事業に関する請求については、窓口が兵庫県となっております。
 詳細については、兵庫県のホームページをご覧ください。
 下記のURLよりご覧いただけます。

このページの先頭に戻る

その他

 請求内容等に不備等が判明したものについては、当該請求内容の調整を行うこととなりますので、その際は本市からご連絡いたします。ご協力お願いいたします。

(医師会所属医療機関向け)
 令和3年6月以降、本市からの支払いについては、医師会を通じて実施いたします。よろしくお願いいたします。

このページの先頭に戻る

時間外・休日のワクチン接種会場への医療従事者派遣事業

 時間外・休日のワクチン接種会場への医療従事者派遣事業についての申請は、下記に掲載しております事業概要、事業チラシにて、事業の内容・補助の対象等をご確認いただき、尼崎市まで申請書のご提出をお願いします。

時間外・休日のワクチン接種会場への医療従事者派遣事業について

対象期間

派遣の対象期間は、令和3年4月1日から令和3年12月4日です。

補助の上限額及び対象経費

補助の上限額
医 師  1人1時間当たり 7,550円
看護師  1人1時間当たり 2,760円

補助金の対象となる経費
時間外・休日に医療機関から集団接種会場へ医療従事者を派遣するために必要な経費

申請期限

交付申請書は派遣期間に応じて申請願います。

【第1期】令和3年4月1日から9月30日までの派遣分

 令和3年11月12日(金曜日)必着 ※受付は終了しました。

【第2期】令和3年10月1日から12月4日までの派遣分

 令和3年12月28日(火曜日)必着

提出書類

・補助金交付申請書【様式1号】

・時間外・休日のワクチン接種会場への医療従事者派遣事業補助金実績報告書【別紙4】

・収支決算(見込)書【別紙5】

・時間外・休日のワクチン接種会場への医療従事者派遣事業費補助金明細書【任意様式】

・補助金請求書【様式第12号】

提出先

下記の宛先に郵送にてご提出ください。

〒660-0052
尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
尼崎市保健所 新型コロナウイルス感染症対策支援第1担当 宛

 

交付要綱

交付申請書等の各種様式

このページの先頭に戻る

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 新型コロナウイルス感染症対策室 新型コロナウイルス感染症対策支援第1担当
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階