令和2年4月尼崎市待機児童について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003138 更新日 令和2年5月29日

印刷大きな文字で印刷

令和2年4月の待機児童数について

 尼崎市では、これまでから保育施設等の待機児童の解消に向け、 平成27年度から実施となった「子ども・子育て支援新制度」での新たな施策「子ども・子育て支援事業計画」を基本に、保育の量の確保など様々な取り組みを行ってきました。

 令和2年度4月に向けた具体的な取り組みとしては、保育施設等の定員増や小規模保育事業の新設により、平成31年4月に7,791人であった保育施設等の定員を令和2年4月には8,072人とし、281人増やしました(企業主導型保育事業を除く)。

 一方で令和2年4月現在、国の数え方による待機児童数は236人で、昨年度4月の148人から88人増加しました。国の数え方による待機児童数は、求職活動を休止している方、利用可能な保育施設等があるにもかかわらず特定の保育施設等を希望している方、保護者が育休中で復職の確認ができない方などを除外することとなっていますが、この方々も含めると、保育施設等の利用に至っていない方は895人となります。

 尼崎市の待機児童の推移は次のとおりです。

尼崎市の待機児童の推移(各年度4月1日現在)

 

保育施設等の利用者数

待機児童数

年度

0歳児~5歳児

0歳~2歳児

3歳~5歳児

平成23年

6,291人

31人

13人

44人    

平成24年

6,367人

38人

 9人

47人

平成25年

6,422人

64人

10人

74人

平成26年

6,438人

68人

12人

80人

平成27年

6,976人

49人

19人

68人

平成28年

7,366人

36人

11人

47人

平成29年

7,582人

75人

12人

87人

平成30年

7,723人

125人

31人

156人

平成31年

8,029人

124人

24人

148人

令和2年

8,178人

183人

53人

236人

  保育施設等の利用に至っていない児童数の内訳については次のとおりです。

保育施設等の利用に至っていない児童数の内訳(令和2年4月1日現在)
該当事由 児童数

4月1日の入所を申請されて、入所できていない児童数 (A)

895人

 

訳 

 特定の保育施設等を希望している方 (B)

387人

 育休中で復職の確認ができない方 (C)

 128人

 求職活動を休止している方 (D)

144人

 ※待機児童数 (A)-(B)-(C)-(D)

236人

※平成29年度からは、育休中であっても復職される方は待機児童数として数えることとなっています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

こども青少年局 保育児童部 こども入所支援担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館2階
電話番号:06-6489-6369
ファクス番号:06-6489-6467
メールアドレス:ama-nyusho@city.amagasaki.hyogo.jp