小西家住宅(こにしけじゅうたく)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1028796 更新日 令和4年3月30日

印刷大きな文字で印刷

尼崎の登録文化財

小西家住宅

小西家外観
主屋外観

員数  6棟

所在地 七松町2丁目

年代  明治時代後期

構造  木造平屋建

    入母屋造 他


 小西家は七松の旧集落の西南部の端にあり、当家を西端として東側には大きな敷地の屋敷等が残っています。小西家住宅のうち主屋、砂蔵、納屋、宅門、北築地塀、西石垣の6棟が登録されました。

 主屋は木造平屋建て、入母屋造桟瓦葺で、明治44年(1911年)に建築されたものです。敷地のほぼ中央の北側よりに北を正面にして建てられ、大屋根は妻を漆喰で塗り込め、外観に重厚感を与えています。敷地北西隅には土蔵造2階建の砂蔵が建ち、角地における重要な景観要素となっており、また敷地東辺には木造平屋建の納屋が建ち、周囲の畑地と調和のある景観を造っています。

 なお、小西家住宅は個人住宅のため、一般公開は行っていませんのでご了承ください。

登録建物の構造及び形式、並びに大きさ
番号 名称 構造、形式及び大きさ 年代
1

小西家住宅
主屋

木造平屋建、入母屋造 桟瓦葺
建築面積270.17平方メートル

明治44年

2 小西家住宅
砂蔵
土蔵造2階建、切妻造、本瓦葺
建築面積30.61平方メートル
明治37年頃
3 小西家住宅
納屋
木造平屋建、切妻造、桟瓦葺
建築面積110.43平方メートル
明治後期(昭和中期改修)
4 小西家住宅
宅門
木造、切妻造、桟瓦葺
建築面積11.54平方メートル
明治後期
5 小西家住宅
北築地塀
塀(京伏間瓦、上部 モルタル掻き落とし、下部 御影石積)
延長 29.7メートル
明治後期
6 小西家住宅
石垣
御影石
延長 49.9メートル
明治後期

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 歴史博物館
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内10番地の2
電話番号:
06-6482-5246(企画担当・史料担当)
06-6489-9801(文化財担当)
06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9800
メールアドレス:
ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp(文化財担当)
ama-chiiki-shiryokan@city.amagasaki.hyogo.jp(史料担当)