退職したとき(国民年金)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002818 更新日 令和3年3月30日

印刷大きな文字で印刷

60歳になる前に会社などを退職した場合

厚生年金保険の資格を喪失したら、資格喪失日の属する月から国民年金に加入する必要があります。下記のものを持参して、市役所窓口で国民年金種別変更の届出をしてください。

60歳になってから会社などを退職した場合

原則として国民年金に加入する必要はありません。
ただし、国民年金の加入期間が足りない人や老齢基礎年金の満額条件を満たしていない人は、60歳から64歳まで国民年金に任意加入できます。任意加入を希望される人は、下記のものを持参して、市役所窓口で手続きをしてください。

退職した人の扶養に入っていた配偶者について

退職した人の扶養に入っていた配偶者が60歳未満の場合は、第1号被保険者になりますので、下記のものを持参して、市役所窓口で手続きをしてください。

持参するもの

  • マイナンバーカード(またはマイナンバーと本人確認できるもの)
  • 年金手帳
  • 厚生年金保険等資格喪失証明書または雇用保険被保険者離職票等 
  • 委任状(本人以外の代理人が申請するとき)

任意加入する場合

上記のものに加え、

  • 預貯金通帳 
  • 通帳届出印

このページに関するお問い合わせ

総務局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階
電話番号:06-6489-6428
ファクス番号:06-6489-6417
メールアドレス:ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp