考えよう 新しい生活様式の中でのエコ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013372 更新日 令和3年10月8日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 環境・自然

悩む人物

今までとは違う日常生活のなかで、今まで通りの「エコ」な行動をすることが難しくなった場面がありませんか?
もちろん、命を守ることが第一。でも身の周りの環境や、未来の地球のことも少し心配。
最近よく聞く「脱炭素」や「SDGs」という言葉。地球に負荷をかけない、持続可能な社会を目指そう!と言われている中、私たちのくらしはこのままでいいのでしょうか。

 

新しい生活様式のなかでの「エコなくらし」ってどんなものだろう。
尼崎市と連携協定を結んだコープこうべの話を聞いたり、ワークショップに取り組むことを通して、私たち一人ひとりにできることを考えます。

 

 

開催日

令和3年10月26日(火曜日)

開催時間

午後1時30分 から 午後3時 まで

対象

一般

開催場所

塚口さんさんタウン2番館 コミュニティホール もしくはWeb

内容

新しい生活様式のなかでの「エコなくらし」ってどんなものだろう。
尼崎市と包括連携協定を結んだコープこうべの企業目線でのお話も聞きながら、社会を支える消費者として、くらしの中で私たち一人ひとりにできることを考えます。

 

1 講 座
 新しい生活様式って?

2 ワーク
<考えよう>   
 私たちの生活 コロナ以前と変わったことって何だろう
<聞いてみよう> 
 コープこうべがコロナ禍で以前と変わったと思うこと
<考えよう>   
 それが地球温暖化にどんな影響をあたえているだろう

3 まとめ
<聞いてみよう> 
 コープこうべの環境の取組
<考えよう>   
 今私たちにできること しなければいけないこと

申込締切日

令和3年10月22日(金曜日)

申込は終了しました。

申込

必要

・電話
・メール(Zoomの場合)

費用
無料
募集人数
先着 20人
主催
尼崎市・あまがさき環境オープンカレッジ実行委員会
協力
コープこうべ
問い合わせ

TEL/FAX 06-6421-0544

Mail   aoce@gb4.so-net.ne.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境創造課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6301
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp