平成25(2013)年度アウクスブルク市青年使節団報告

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1006865 更新日 平成30年2月21日

印刷大きな文字で印刷

平成25(2013)年度アウクスブルク市青年使節団尼崎市訪問

平成25(2013)年度アウクスブルク市青年使節団が8月30日(金曜日)から9月5日(木曜日)まで本市を訪問しました。19歳から25歳の青年10人と団長1人、副団長1人の合計12人が本市の様々な施設を視察し、青年交流等を行いました。

平成25年8月30日(金曜日)第1日目

本市到着後、尼崎市総合文化センター付近にあるアウクスブルク市から贈られた記念品の数々や寺町等を視察し、ホストファミリーと共に帰宅しました。

写真4
アウクスブルク市章の前で
写真5
マイルストーンに書いてあるラテン語を読みました
写真6
日本庭園の落ち着いた美しさを満喫しました(本興寺)
写真7
鐘つき体験(大覚寺)
写真8
日本の芸術を堪能しました(尼信会館)

8月31日(土曜日)第2日目

新幹線で広島に行き、平和記念資料館を視察し、献花をしました。その後、宮島で厳島神社を視察しました。平和について深く考える1日となりました。

写真10
献花をし、平和について考えました
写真11
献花台
写真12
広島では公共交通機関を使って移動しました
写真13
世界遺産の厳島神社を視察しました
写真14
日本の風習にも慣れました

9月1日(日曜日)第3日目≪ホストファミリーとの1日≫

団員達はホストファミリーと過ごし、団長、副団長は京都を視察しました。

9月2日(月曜日)第4日目

表敬訪問、それに続く歓迎昼食会と公式行事の1日です。その他、市役所で「忍たまカード」を受け取ったり、幼稚園児と交流したりと、楽しいプログラムにも参加しました。

写真17
表敬訪問が始まる前に芳名録に記帳しました
写真18
参加者全員で記念写真を撮りました(表敬訪問)
写真19
市役所の「忍たまキャンペーン」にも参加しました
写真20
小さなお友達ができました(幼稚園)

9月3日(火曜日)第5日目

近松公園視察後、田能資料館で火おこしを体験しました。アウクスブルクの街並みを再現したショッピングセンター「つかしん」で「アウクスブルクコーナー」を視察し、塚口サービスセンターで「平成24年度尼崎市青年使節団アウクスブルク市訪問写真展」を鑑賞する等アウクスブルクを思い出す場所が多々ありました。また、高校で書道を体験し、高校生と交流する楽しいひと時を過ごしました。

写真22
近松公園を散歩しました
写真23
弥生人の生活に興味津々(田能資料館)
写真24
火おこし体験(田能資料館)
写真25
高校生にお手伝いいただき楽しい書道体験となりました(双星高校)
写真26
アウクスブルクを訪問した尼崎市青年使節団の様子を興味深く鑑賞しました(塚口サービスセンター)

9月4日(水曜日)第6日目

姉妹都市のきっかけとなった「ヤンマー」尼崎工場やエーデルワイスミュージアムを視察しました。本市滞在最後の夜はフェアウエルパーティーでお世話になった方々と楽しく過ごしました。

写真28
姉妹都市のきっかけとなったディーゼルエンジンを前に(ヤンマー尼崎工場)
写真29
団員達はお菓子が大好き!みんな興味深く見学しています(エーデルワイスミュージアム)
写真30
アウクスブルク地方の民族衣装で登場(フェアウエルパーティー)
写真31
とても楽しい最後の夜となりました(フェアウエルパーティー)

9月5日(木曜日)第7日目

6泊7日の本市滞在を終え、関西国際空港から香港へ出発しました。

写真33
またお会いしましょう!Auf Wiedersehen!(アウフ・ヴィーダーゼーン)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 文化振興担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:
06-6489-6385(文化振興)
06-6489-6017(国際交流)
ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:
ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp(文化振興)
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)