平成31年度「子育てコミュニティワーカー日記」

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1019620 更新日 令和2年1月27日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市の子育てコミュニティワーカー(以下、CSW)は、尼崎市子どもの育ち支援条例に基づき、地域で子どものための活動に取り組んでいる方々や、これから取り組もうとされる方々が活動しやすいように情報提供や、交流の場を設けるなどの支援に取り組んでいます。日ごろの活動を紹介するブログを平成25年1月よりスタートしました。活動シーン、エピソードなどを紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

高校内居場所カフェ

居場所カフェの案内板

令和元年12月13日(金曜日)   

 

12月13日のお昼休み、兵庫県立尼崎高等学校の「高校内居場所カフェ」におじゃましました。教室に入ると甘い淹れたてのコーヒーの香りが…。紅茶や飲み物、チョコパイやポテトチップスなどのお菓子がずらりと並んでお出迎え、運営は生徒さんたちです。テーブルのレイアウトを整え、飲み物、お菓子を用意し、来客の生徒さんの注文に対応しています。

この「高校内居場所カフェ」は2年生の「尼崎学」授業のひとつで、今日はオープン当日、今後は月2回ほど地域の大人の方をお招きしてイベントなどを行う予定だそうです。

1年生から3年生まで、生徒さんが自由にすごせる場所で地域の方と交流できれば、尼崎のおとなも若者もさらに元気になりそうです。今、「高校内居場所カフェ」が全国で生まれています。尼崎にも高校生が地域のおとなや文化に出会う場所が増えていくように、応援していきます。

子どもの権利条約

ワークショップの写真

令和元年12月14日(土曜日)

12月も半ば,年末が近づくなか、小田南生涯学習プラザで「「子どもの権利条約」を読み解くワークショップ」が開催されました。

国連で「子どもの権利条約」が採択されて30年がたち、あらためて「子どもの権利とは何か?」を考えるワークショップです。

講師はNPO法人えんぱわめんと堺/ESの北野真由美さん、「子どもの権利」を日常の具体的なかかわりから説明頂きました。「子どもの権利条約」でうたわれている「子どもの生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利」の4つの柱、そして「子どもの声を聴く」「子どもの意見を尊重する」ことから「子どもへのエンパワメント」まで、子どもに関わるなかで大切な視点をお話頂きました。

ワークショップでは身近な疑問、たとえば「お小遣い」や「スマホを持つ」など誰が決定するのか、を「子どもの権利条約」に照らし合わせて皆さんで考えていきました。

「子どもの権利」はすべての子どもたちが持ち、決して奪われることのないものです。尼崎市でも「尼崎市子どもの育ち支援条例」施行から10年がたちました。この学習会でこれからどのように「子どもの権利」を守っていくのか、私たちおとなが今一度考える機会となりました。

 

 

最先端のユースセンターとユースワークを学ぶ

ユースワーク講演会

令和2年1月20日(月曜日)

みなさんは「ユースワーク」をご存じですか? 本日、あまがさき・ひと咲きプラザでみんなの尼崎大学講演会「最先端のユースセンターとユースワークを学ぶ」が開催されました。講師は認定NPO法人カタリバ ジュニアマネジャーの山本晃史氏、東京都文京区青少年ブラザb-labでユースワーカーとして活躍されています。

最初に山本さんのご経歴、そして「ユースワークとは?」「今なぜユースワークが必要なのか?」をお話頂きました。日本の若者は変化の激しい時代を生き、予測不能な未来に向かっていますが、多くの10代若者は自己肯定感が低く意欲が持てません。ユースワークは現代の若者たちが自立し、主体的に社会に参画するための支援です。山本さんが勤務するb-labの活動をご説明いただきながら、ユースワークの意義を学びました。

後半ではフィンランド、スウェーデン、韓国のユースワークをご紹介していただきました。         フィンランドには50か所のユースセンターがあり、中高生がアクセスしやすく、様々なプログラムが用意されています。また首都ヘルシンキ市では市への要望をウェブ上で意見表明することができたり、投票で選ばれた若者の評議員が市に声を届けることができます。フィンランドやスウェーデンなどEUと日本では、文化や政治、価値観など違う背景はありますが、これからの日本のユースワークを考えるうえで、多くのヒントがありました。

尼崎市には10月にオープンしたユース交流センター「あまポート」「あまぶらり」があります。ユースワーカーさんが日々こども達を見守り、関わりを大切にされています。尼崎の中高生がそれぞれの居場所を見つけ、やりたいことを実現できる第一歩として、ユース交流センターを利用して頂けたらと思います。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

こども青少年局 こども青少年部 こども青少年課
〒661-0974 兵庫県尼崎市若王寺2丁目18番5号 アマブラリ3階
電話番号:06-6423-9996
ファクス番号:06-6409-4355