企業の課題解決に学生のアイデアを活用したい

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1011899 更新日 令和4年11月10日

印刷大きな文字で印刷

商品企画やマーケティングなどで悩まれている企業の皆さま。新たな事業や取組にチャレンジしたいが、「考える時間がない」「人手が足らない」「大胆な発想が思いつかない」といった理由でなかなか着手できない、ということはありませんか。

尼崎市では、市内企業が抱える課題を“プロジェクト”として設定し、高校生や大学生がプロジェクトの実践を通じて、最終的にアイデア提案までを行う実践型インターンシップ事業を実施しています。

尼崎市では、新たな事業や取組に本気でチャレンジする企業を応援しています。学生たちの新鮮なアイデアが得られるだけでなく、自社を強くPRできる、一石二鳥の機会です。
ご興味・ご関心がある企業の皆さまは、ぜひお問い合わせください。

インターンシップ

概要

「インターンシップ」とは、授業の一環などで学生個人が行う就業体験をいい、最近は多くの大学で、こうした就業体験を通じて学生が広く横断的な視野で課題解決できる力を身につけるための教育プログラムが導入されています。

尼崎市では、3カ月以上の期間にわたり、市内企業における新規企業の企画立案・実施など、中核的な業務に従事する「長期実践型インターンシップ」や、2週間程度の「短期インターンシップ」等の取組を推進しています。

受入企業とインターンシップコーディネート団体とで、企業にとって本気で試してみたいこと、学生にとっても共感してワクワクしてチャレンジしたいと思えることを明らかにして、プロジェクトの目標・内容を設計します。学生募集やマッチングなどはコーディネート団体が間に入って行います。3カ月から6カ月程度の期間でプロジェクトを進め、最終発表会等を通して、最後に企業・学生双方にとっての振り返りを行います。

スケジュール

夏頃から年始頃まで行うのが一般的ですが、学生のスケジュールとも調整を行い実施時期を決定します。夏休み期間や春休み期間に限った「短期インターンシップ」を検討している企業の方も一度ご相談ください。

取組事例

大学ゼミとの連携

概要

大学のゼミと連携して、ゼミ単位でプロジェクトの実践に取り組みます。インターンシップと比べると学生との関わりは短く、受入企業の負担は少なくなりますが、多くの学生のアイデアを得ることが期待できます。

スケジュール

秋頃から年末頃まで行うのが一般的ですが、ゼミのスケジュールとも調整を行い実施時期を決定します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 しごと支援課
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2丁目183番 出屋敷リベル3階
電話番号:06-6430-7635
ファクス番号:06-6430-7638
メールアドレス:ama-shigotoshienka@city.amagasaki.hyogo.jp