小学校・特別支援学校の給食室整備及び給食調理業務の委託について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005427 更新日 令和2年11月27日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市では、安全な給食を実施することを基本に給食内容の充実に努めてきましたが、学校給食を食育の「生きた教材」とするため、より一層の給食内容の充実を図る目的で、市立小学校41校・特別支援学校1校の給食室整備を進めるとともに、給食調理業務の経済性・効率性を図る上で委託化を進めています。

令和2年4月現在の小学校・特別支援学校の給食室整備及び給食調理業務委託の進捗状況

給食室整備

小学校・特別支援学校42校/42校が整備済み

給食調理業務委託

小学校・特別支援学校35校/42校が委託済み

1 給食室整備について

衛生管理の徹底・強化を図り、食中毒発生のリスクを低減させるため、給食室をウェット方式から床面を水でぬらさないドライ方式に変更します。

給食内容の充実を図り、食育を推進するために新たな給食備品を導入します。

給食備品一覧表

立体型炊飯器

立体炊飯器の導入により、これまで外部民間業者で委託炊飯し運搬した米飯が、各学校の給食室で炊飯可能となり、より「ふっくら」、「温かい」米飯の提供が可能になりました。
米飯の回数は、現在週4回です。(パンは週1回です。)

スチームコンベクションオーブン

これまでの機器(回転釜)ではできなかった「焼きもの」、「蒸しもの」が可能となり献立の多様化を図り、より給食内容の充実を図っています。
3品献立(主菜、副菜、汁物)の回数も段階的に引き上げ、現在週3.5回程度へ増加しています。

2 給食調理業務の委託について

民間事業者に委託する業務は、学校給食業務のうち、調理、配缶、洗浄、消毒、清掃等の作業です。

献立の作成、使用する物資の選定等については、これまでどおり、教育委員会が責任を持って行います。 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育部 学校給食課
〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 教育・障害福祉センター3階
電話番号:06-4950-5675
ファクス番号:06-4950-5658
メールアドレス:ama-gakkokyushoku@city.amagasaki.hyogo.jp