(終了しました)第5回尼崎市文化未来奨励賞受賞者・小出麻代さんによる展覧会を行います。

ポスト
シェア
LINEで送る

印刷 ページ番号1034942 更新日 2023年12月11日

イベントカテゴリ: 文化・芸術

声声が灯して:小出麻代

小出麻代は、物や場所、時間や環境が人間のこころにどう作用し、そこにどのような関係性が生成されていくのかに関心を持ち、これまでに様々な土地に赴き、制作を続けてきました。そこで拾遺した言葉やオブジェクト、写真・映像・光や影などを用いた多層的なインスタレーション作品は、物や場所が持つ記憶や歴史の断片を照らすとともに、鑑賞者自身の記憶や感覚をも揺さぶり、それぞれがゆるやかに対流する場を創り出します。

第5回尼崎市文化未来奨励賞の受賞記念展となる「声声が灯して:The polyphony of our narratives」は、小出にとって3度目の尼崎市での展覧会となります。本展に向け再びリサーチを行なった小出は、時代や環境の変化といった大きな流れの中で、変わることを受け入れながらも、何かを続け、残してきた人々の声に耳を傾けました。本展は「人と人、人と土地が結びついていく、そのはじまりの場」であったともいえる旧結婚式場を会場に、新作インスタレーション作品で構成されます。声声が灯す先にあるものをみつめながらも、それらは鑑賞者自身をも照射し、それぞれの内に何らかの像を結ばせるものとなるのではないでしょうか。

開催日

2023年11月3日(金曜日) 、11月4日(土曜日) 、11月5日(日曜日) 、11月6日(月曜日) 、11月11日(土曜日) 、11月12日(日曜日) 、11月13日(月曜日) 、11月18日(土曜日) 、11月19日(日曜日) 、11月20日(月曜日) 、11月23日(木曜日) 、11月25日(土曜日) 、11月26日(日曜日)

開催時間

正午 から 午後5時 まで

(入場は午後4時30分まで)

場所
尼崎市総合文化センター9階
料金
無料
関連イベント

トークイベント

クロージング・トーク「小出麻代×原久子」

聞き手に原久子氏(アートプロデューサー/大阪電気通信大学教授)を迎え、小出麻代から展示作品やリサーチについてのお話を伺います。

日時:令和5年11月26日(日曜日) 午後3時から午後4時30分
定員:30名程度(申込み不要・先着順受付)
会場:尼崎市総合文化センター9階

作家略歴

小出麻代(こいでまよ)

1983年大阪府生まれ。2009年京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程版画分野修了。物あるいは場所/環境と人間の心性との関わりについて関心を寄せ、言葉・オブジェクト・写真・映像・現象などを多層的に組み合わせたインスタレーション作品を制作する。近年の展示に、「月 に 日 に」(VOU、京都、2021)、「形代―かたしろ」(オーエヤマ・アートサイト、京都、2020)、「生業・ふるまい・チューニング小出麻代̶越野潤」(京都芸術センター、2018)、「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2015 枯木又プロジェクト」(旧中条小学校枯木又分校、新潟)など。アーティスト・イン・レジデンスに「END OF SUMMER 2018」(ポートランド、アメリカ)など

PDFファイルをご覧いただくには、「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方はアドビ株式会社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 文化振興課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:
06-6489-6385(文化振興)
06-6489-6017(国際交流)
ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:
ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp(文化振興)
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)