実際に補助金を使って事業を実施した団体の声

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002481 更新日 令和2年12月24日

印刷大きな文字で印刷

尼崎都市農地再生協議会

出会いの島(豆島)

田能の里芋プロジェクト

応募して         良かった点

江戸時代から田能に伝わる伝統野菜「田能の里芋」を、団塊世代を中心にボランティアで栽培し、

1 農福連携による就業支援、販路拡大

2 学校給食への食材提供など地産地消のPR、実践

3 スイーツなどの創作による魅力の付加、情報発信

などに取り組みました。

農作物は、気象条件や土壌状態などにより、収穫量や出来栄えが左右され、売上に影響が及びやすいです。安定した財源確保は、活動にあたっての大きな課題の一つで、栽培に必要な農具や有機肥料、消耗品などの購入のほか、広報活動や商品開発の経費に、補助金を活用できたことが良かったです。

工夫した点
今年度は、11月に幼稚園児延べ約370人の「里芋の収穫・ふれあい体験」を受け入れ、12月に小学校9校の給食「さつま汁」に使う里芋を提供しました。こうした機会に、「田能の里芋」の特徴や歴史に興味を持ってもらうため、子ども向けに、表紙に里芋のイラストをあしらい、説明文の漢字には読みがなを付けたパンフレットを作成し、配付をしました。
今後の展望について

 今後も、化学肥料や農薬を使わない安心安全で良質な「田能の里芋」の栽培に努め、農福連携、地産地消、市内外への情報発信などにつながる具体的な取り組みを、関係団体、教育機関、店舗などと連携して進めていきたいです。菓子類などの商品開発については、第一段階として、大学と洋菓子店の協力を得て、「里芋プリン」の試作を行っており、今後は、試食のアンケートなどをもとに、その商品化と販売先の開拓などを研究したいです。

その他感想等

里芋は、同じ畑で毎年続けて栽培するには適さない作物であり、活動を継続する上で、年次計画を立てて栽培できる農地の確保が課題です。また、今後、自立に向けて、創意工夫した取り組みが必要と感じています。

ようこそことばルームへ

認知言語コミュニケーション発達支援・教育事業

応募して                                      良かった点                           

応募にあたって、ことばルーム事業について文書化、パワーポイント作成、プレゼンテーションの準備などの作業を行う必要がありましたが、それらを通して人と相談する機会が増えたことで改めて気づくことも多く、未解決であったことが片付きました。また事業として形にすることが出来、「NPO法人 ことばルームへようこそ」の設立申請が出来ました。

また、あまらぶチャレンジ事業審査会で、予算を考える際に広告費として使うことを勧めて頂きました。チラシやホームページを作成について人と相談出来たことで、事業と人との関係について具体的な意見を頂き、人のために事業としてどうあるべきか、を再考する事ができたことが良かったと思います。

工夫した点

WEB開催への変更

プレゼンテーションでご指導くださった審査員の先生方から勉強会開催について多くのご示唆をいただき、計画を立てることが出来ました。賛同してくださる方がいて勉強会についての話が具体的になり始めた頃に感染症が広がり、開催が難しくなりました。しかし、その皆さんが「WEBで開催してはどうか」とお声をかけてくださり、子連れで出にくい親子さんや遠方の親子さんとWEBでお会いする事が出来、グループや個別での対応が可能になりました。勉強会のように多くの方を対象とすることはできませんでしたが、お互いに自宅にいながら主催できるWEBの利点を活かし工夫できたのではないかと思います。

今後の展開                                                                                                           

しばらくはWEBでの可能性を試しつつ広げていきたいと思います。

2020年春頃はZoom開催への反応は良いとは言えませんでしたが、徐々に利用者が増え、抵抗なく使用される方が増えたように思います。

感染症が落ち着いてからは勉強会など人にお集まりいただく事業の展開を開始し、またWEBの良い点を生かした活動も引き続き行っていきたいと考えています。

その他感想等

わからないこと、不安なことはその都度、市役所に質問させて頂きました。みんなの尼崎大学相談室にも繋げて頂き、経験ある皆さんが相談に乗ってくださったことで、前に進むことができました。感染症のこともあり、1年目は小さな一歩でしたが、長く尼崎市と市民の皆様に資することばルームであり続けたいと思っております。ありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 協働推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:06-6489-6153
ファクス番号:06-6489-6173
メールアドレス:ama-kyoudou@city.amagasaki.hyogo.jp