オープンデータの取り組み

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1008393 更新日 令和2年1月10日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市オープンデータのイメージ

尼崎市ではオープンデータの取り組みを推進しています。
公開しているオープンデータの一覧は「尼崎市オープンデータカタログサイト」にてご覧ください。

オープンデータとは?

オープンデータとは、『自治体などが保有する公共データが市民の方や民間団体等にとって利活用しやすい形で公開されること』です。オープンデータには以下の2つの特徴があります。

  • 二次利用可能なルールで公開されていること
  • 機械判読しやすい形式であること

オープンデータの利活用により、市民の方や民間企業等と行政の間で情報共有が進むことで、協働による地域課題の解決や新しいサービスの創出などが期待されています。

オープンデータの概要や本市のオープンデータ推進について、詳しくは以下の各ページをご覧ください。

データカタログサイトについて

本市のオープンデータは、「尼崎市オープンデータカタログサイト」で公開しております。ご利用にあたっては利用規約に同意の上、適切にご利用いただきますようにお願いいたします。

ご意見・ご要望について

本市のオープンデータの利活用についてご意見やご要望がございましたら、情報政策課までご連絡ください。下記の「このページに関するお問い合わせ」欄に掲載している連絡先までお願いいたします。

利活用された場合の事例につきましても、オープンデータ推進の参考のため、よろしければぜひご報告をお願いいたします。ご報告いただいた内容は、確認の上、市ホームページで紹介させていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務局 情報政策課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町1丁目5番20号 市政情報センター
電話番号:06-6489-6202
ファクス番号:06-6489-6205
メールアドレス:zyoho_seisaku@city.amagasaki.hyogo.jp