既設エレベーターへの安全装置(戸開走行保護装置・地震時管制運転装置)の設置に関するお願い

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013378 更新日 平成30年9月1日

印刷大きな文字で印刷

エレベーターの所有者・管理者の皆さまへ

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、多数のエレベーターにおいて閉じ込めが発生しました。エレベーターの地震時管制運転装置や戸開走行保護装置については、平成21年9月28日よりその設置が義務付けられていますが、それ以前の同装置が未設置のエレベーターについては既存不適格となります。

しかし、エレベーターでの閉じ込めや戸開走行の事故を防止するためには、定期検査とともに、地震時管制運転装置や戸開走行保護装置の設置が有効となりますので、エレベーターのより一層の安全性を確保するために、地震時管制運転装置や戸開走行保護装置の設置について、積極的なご検討をお願いします。

地震時管制運転装置とは

エレベーターについて、地震等の加速度を検知して、自動的にかごを昇降路の出入口の戸の位置に停止させ、かつ、当該かごの出入口の戸及び昇降路の出入口の戸を開くことなどができることとする安全装置をいいます。

戸開走行保護装置とは

エレベーターの駆動装置や制御器に故障が生じ、かご及び昇降路のすべての出入口の戸が閉じる前にかごが昇降したときなどに自動的にかごを制止する安全装置をいいます。

戸開走行保護装置等の設置済みマークの表示について

エレベーターに戸開走行保護装置及び地震時管制運転装置が設置されていることを当該エレベーターの利用者等が容易に分かるよう、「設置済みマーク表示制度」が平成24年8月から運用開始されておりますので、エレベーターの設置事業者(製造業者、保守点検業者)にお問い合わせのうえ、設置済みマークの積極的な表示をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 都市計画部 建築指導課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館5階
電話番号:06-6489-6650
ファクス番号:06-6489-6597
メールアドレス:ama-kenchikushidou@city.amagasaki.hyogo.jp