横断歩道橋の維持管理計画について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1016011 更新日 令和2年4月10日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市では、1950年代後半からの高度経済成長期に多くの橋梁が建設されており、今後、急速に高齢化橋梁が増えていきます。横断歩道橋においても道路橋と同様に急速に経年劣化、高齢化が進んでいる状況です。

 尼崎市が管理する横断歩道橋は市内に19基あります。そのうち、建設後50年を経過する高齢化横断歩道橋は2018年度時点に2基で11%ですが、10年後には18基まで増加し、全体の95%を占めることとなり、急速に高齢化横断歩道橋が増えていきます。

 また、横断歩道橋の利用状況は設置当時と比較し、社会情勢の変化等に伴い、利用頻度が低くなっているのが現状です。

(1)少子高齢化、小学校の統廃合に伴う利用者の減少

  ・通学路としての機能を失った横断歩道橋が増加している

(2)土地利用状況の変化による利用者の減少

  ・横断歩道橋架設後に近傍で新たに横断歩道が設置されている

  ・バイパス道路等の整備により、自動車交通量が大幅に減少している

 そこで、今後、急速に増加が見込まれる横断歩道橋の補修について、その存続の可否を含めた維持管理の考え方を整理し、「横断歩道橋維持管理計画」を策定しました。

 今後は、この計画に基づき、持続可能な横断歩道橋の維持管理を実現するために、安全性の確保とコスト縮減に努めていきます。

尼崎市横断歩道橋維持管理計画に基づく補修実施状況

尼崎市が管理する横断歩道橋19基のうち、「大庄歩道橋」「大庄東歩道橋」「西川歩道橋」「時友東歩道橋」の4基について、安全性に影響を与える恐れのある箇所の損傷を補修しました。(令和元年12月1日時点)

今後、ほかの横断歩道橋についても「尼崎市横断歩道橋維持管理計画」に基づき、補修工事の計画・調査を実施し、準備が整い次第、補修工事を実施する予定です。

工事の際は、一時的に通行止めや周辺道路の通行規制等が発生し、周辺の皆様にはご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 土木部 道路維持担当
〒661-0022 兵庫県尼崎市尾浜町2丁目1番30号
電話番号:06-6422-5034
ファクス番号:06-6422-5048