宅地建物取引業法施行規則にかかる水害ハザードマップの確認について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023412 更新日 令和2年10月21日

印刷大きな文字で印刷

宅地建物取引業法施行規則にかかる水害ハザードマップの確認について

令和2年7月17日「不動産取引時において、水害ハザードマップにおける対象物件の所在地を事前に説明することを義務づけること」とする宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する命令が公布され、同年8月28日から施行されることになりました。

近年、大規模水災害の頻発により甚大な被害が生じており、不動産取引時においても、水害リスクに係る情報が契約締結の意思決定を行う上で重要な要素となっています。

このような状況に鑑み、説明対象項目として、水防法の規定に基づき作成された水害ハザードマップにおける取引対象物件の所在地について説明することが義務化されました。尼崎市における宅地建物取引業法施行規則にかかる水害ハザードマップについては、以下のとおりです。

水防法に基づく水害ハザードマップ

種 別  内 容
洪 水

「猪名川・藻川」、「武庫川」の2種類の洪水ハザードマップ(想定最大規模)があります。(平成31年4月作成)

内 水 総降雨量148mm、降雨強度96mm/hrの既往最大規模の大雨を想定した内水ハザードマップがあります。(平成31年4月作成)
高 潮 「堤防等が破堤する場合」(想定最大規模)と「堤防等が破堤しない場合」の2種類の高潮ハザードマップがあります。(令和2年4月作成)

 

なお、本市については、津波ハザードマップ(平成31年4月作成)についても公表していますが、これは宅地建物取引業法施行規則にかかる水防法に基づくハザードマップには該当しませんが、南海トラフ巨大地震が発生した場合には、津波による被害も想定されますので、併せて周知いただくようお願いいたします。

尼崎市が作成していますハザードマップの詳細については、以下でご確認をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp