本市における密集市街地

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005191 更新日 令和3年3月31日

印刷大きな文字で印刷

密集市街地とは、道路や公園などが十分に整備されておらず、木造の建物が密集している市街地であり、一定の基準に基づき、災害が起きた時の危険度が高い順に(1)重点密集市街地、(2)緊急密集市街地、(3)密集市街地の3つに区分けをしました。(下表参照)

重点密集市街地

 緊急密集市街地の中でも、特に延焼性が高いため危険であり、整備・改善の必要性が高い地区を重点密集市街地と位置付け、整備・改善の取組みを進めていきます。
 抽出方法としては、緊急密集市街地から、市街地の燃えにくさを表わす指標である不燃領域率が30パーセント未満の地区を重点密集市街地とし、その地区に連担する緊急密集市街地及び密集市街地も重点密集市街地としています。
 地区は3地区で、面積は60.29ヘクタールあります。(下表参照)

重点密集市街地の町丁目名と面積

地区名 町丁目名 面積
潮江地区 下坂部1丁目
潮江1~3丁目
浜3丁目
39.56ヘクタール
杭瀬地区 今福2丁目
杭瀬寺島1丁目
12.43ヘクタール
開明地区 東桜木町
西桜木町
汐町
西本町北通4・5丁目
8.30ヘクタール

緊急密集市街地と密集市街地

密集市街地の中でも特に細街路が多く、基盤が十分に整備されていない上に、木造建築物の密集度が高いため延焼危険性が高い市街地を緊急密集市街地としています。抽出基準は、1ヘクタールに80世帯以上あり、木造建築物の割合が3分の2以上で、4メートル未満の道路が過半などの地区です。また、緊急密集市街地に準ずる地区を密集市街地としています。

  • 緊急密集市街地
    西大物町
    長洲中通2丁目
  • 密集市街地
    大庄西町1丁目・2丁目
    蓬川荘園
    塚口本町1・3丁目
    長洲本通3丁目

密集市街地位置図

尼崎市密集市街地位置図

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 都市戦略推進担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館6階
電話番号:06-6489-6620
ファクス番号:06-6488-8883
メールアドレス: ama-toshisenryaku@city.amagasaki.hyogo.jp