添付ファイルの文字コードについて

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1023309 更新日 令和2年10月22日

印刷大きな文字で印刷

ホームページ・オープンデータの添付ファイルの文字化けについて

オープンデータは機械判読可能な形式として、文字コードはUTF-8 が推奨されています。
UTF-8は特定のアプリケーション向けの識別コード(BOM)が有る場合と無い場合があり、公開されているCSVファイルがUTF-8(BOM無し)の場合、Excelで開いた際に文字化けが発生します。

またオープンデータに限らず、ホームページに掲載されているCSVファイルをExcelで開いた際に文字化けが発生している場合も、文字コードがUTF-8(BOM無し)となっている可能性があります。

文字化けしているExcel画面
(注)利用者の環境によって表示は異なります

CSVファイルが文字化けしている場合は、下記の方法で改善される可能性があります。

文字化けせずにCSVファイルをExcelで開く方法

CSVファイルをメモ帳等のテキストエディタで開く。

CSVファイルをテキストエディタで開いている画面
(注)利用者の環境によって表示は異なります

 

文字コードをUTF-8(BOMあり)、またはSJISに変更して保存する。
(Windowsの場合は文字コードUTF-8を指定することで、UTF-8(BOMあり)で保存されます。)

メモ帳の名前を付けて保存の画面
(注)利用者の環境によって表示は異なります

 

保存したCSVをExcelで開く。

文字化けせずに表示されているExcel画面
(注)利用者の環境によって表示は異なります

このページに関するお問い合わせ

総務局 情報政策課
〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町1丁目5番20号 市政情報センター
電話番号:06-6489-6202
ファクス番号:06-6489-6205
メールアドレス:zyoho_seisaku@city.amagasaki.hyogo.jp