非常変災時における臨時休業の判断基準について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1019394 更新日 令和1年12月6日

印刷大きな文字で印刷

非常変災時における臨時休業の判断基準について

 非常変災時における臨時休業の判断については、基本的には学校園長の決定によるところであり、これまで学校園ごとに対応してまいりました。

 尼崎市教育委員会では、昨今の台風や局地的豪雨、地震、土砂災害等これまでの想定を超える自然災害の発生状況等を鑑み、園児・児童・生徒の安全確保に万全を期するため、非常変災時における臨時休業の判断基準についての方針を示します。

 今後につきましては、この方針による運用が基準となりますので、ご理解いただくとともに、お子様の安全な登下校園等にご協力くださいますようお願いいたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 学校教育部 学校企画課
〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 尼崎市教育・障害福祉センター3階
電話番号:06-4950-5688
ファクス番号:06-4950-5658