30年度施策評価結果(平成29年度決算)の公表

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013206 更新日 平成30年8月27日

印刷大きな文字で印刷

 この度、平成30年度からスタートした後期まちづくり基本計画に掲げる16施策を構成する48の展開方向ごとに、市民意識調査結果、目標指標の進捗状況等を踏まえた評価や、公共施設の再配置、職員の人材育成といった、施策に分類されない「行政運営」の評価等について、「平成30年度施策評価結果(平成29年度決算)」としてとりまとめましたので、公表します。

 なお、当評価結果に対するご意見につきましては、行財政推進課までお寄せください。連絡先は、当ページ末尾の「情報の発信元」をご覧ください。

また、平成29年度の市民意識調査結果は、以下のとおりです。

施策評価結果

全体版

前半版

 総論部分(17ページまで)のみとなります。施策ごとの評価結果につきましては下記「評価結果(個票)」を参照してください。

評価結果(個票)

1.地域コミュニティ

みんなの支えあいで地域が元気なまち

2.生涯学習

生涯を通して学び、スポーツに親しめるまち

3.学校教育

教育の充実で子どもの生きる力をはぐくむまち

4.子ども・子育て支援

健やかに子どもが育ち、笑顔が輝くまち

5.人権尊重・多文化共生

互いの人権を尊重し、ともに生きるまち

6.地域福祉

誰もが地域でその人らしく暮らせる福祉のまち

7.高齢者支援

高齢者が地域で安心して暮らせるまち

8.障害者支援

障害のある人が地域で自立して暮らせるまち

9.生活支援

生活に課題を抱える人が安心して暮らせるまち

10.健康支援

いきいきと健康に安心して暮らせるまち

11.消防・防災

消防・防災体制が充実した安全・安心のまち

12.生活安全

生活に身近な安全・安心を実感できるまち

13.地域経済の活性化・雇用就労支援

地域経済の発展により、活力があふれ、いきいきと働けるまち

14.魅力創造・発信

歴史や文化を守り活かし、人をひきつける魅力があふれるまち

15.環境保全・創造

環境と共生する持続可能なまち

16.住環境・都市機能

安全・安心、快適でくらしやすいまち

行政運営

(1)ともにまちづくりを進めるために
(2)市民生活を支え続けるために
(3)行政運営の実行力を高めていくために

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 政策推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:06-6489-6124
ファクス番号:06-6489-6793
メールアドレス:ama-gyosui@city.amagasaki.hyogo.jp