その他の取組み

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1001247 更新日 令和2年12月8日

印刷大きな文字で印刷

【主な議会改革の取組項目】

実施及び施行時期     項   目

         結   論   

令和2年12月 議場における音声認識システムの導入 議場に音声認識システムを導入し、12月定例会から運用することとした。
令和2年10月 議会ホームページでの視察報告書の公開義務化 議長へ提出した出張報告書及びその成果物をホームページに公開することとした。
令和2年6月 ICT活用による議会情報の発信 フェイスブック及び本庁舎等のモニターを活用し、情報を発信することとした。
令和2年6月 タブレット端末の導入 タブレット端末の運用を6月定例会より本格実施した。
令和元年12月

タブレット端末の導入(試験運用)

タブレット端末を導入し、12月定例会から試験運用を行った。

平成30年9月

予算・決算審査の検証・改善

決算及び予算の審査において、分科員間協議を行うこととした。

平成30年5月 委員会行政視察の見直し 調査事項及び視察先の決定方法を見直した。

平成29年9月

(定例会)

決算特別委員会の審査方法の見直し 決算及び予算の審査方法を見直した。
平成29年8月 政務活動費領収書等のインターネットによる公開 政務活動費の領収書、及び経理帳簿をインターネットに公開した。
平成29年4月 議会インターネット中継のスマートフォン対応 インターネットで配信している本会議及び予算特別委員会全体会議がスマートフォンでも視聴可能となった。
平成28年12月 議会基本条例の制定 市民意見を聴取の上、12月議会において条例を制定した。

平成28年5月

(全戸配布)
平成28年9月

(カラー化)

議会だよりのカラー化・冊子化 タブロイド版4ページ2色刷りで主に新聞折込による個別配布であったものを、A4版8ページ・フルカラーで市報に挟み込んだ形式で全戸配布した。
平成27年7月 政務活動費収支報告書のインターネットによる公開 平成26年度分(平成27年4月提出分)から政務活動費収支報告書をインターネットに公開した。
平成26年6月 議員期末手当の減額 前議員の任期である平成29年6月までの支給額を、現行条例で定める支給率から5%減じることとした。

平成24年6月

(定例会から試行)
平成25年9月

(定例会から本格実施)

質問における一問一答方式の導入 一括質問・一括答弁方式か、一問一答方式のいずれかの方法を選択できることとした。

平成25年6月

(市議会議員選挙)

議員定数の見直し 議員定数を44人から42人とした。
平成21年3月
(予算特別委員会)
予算特別委員会におけるインターネット中継の実施 予算特別委員会全体会議のインターネット中継を開始した。
平成18年4月 政務調査費における領収書等の公開 領収書等の証拠書類を貼付した「政務調査費支出書(第14号様式)」の提出を義務づけた。

平成17年9月

(定例会)

議会におけるインターネット中継 本会議のインターネット中継を開始した。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 総務課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 議会棟
電話番号:06-6489-6103
ファクス番号:06-6489-6105