市民提案型制度

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1010136 更新日 令和1年6月20日

印刷大きな文字で印刷

 尼崎市には、提案型協働事業制度(新規事業補助型コース)・提案型事業委託制度(既存事業委託型コース)の2つの市民提案制度があります。「私たちの団体で生活課題や地域課題を解決したい」、「私たちが行えば、アイデアや工夫が盛り込まれた形で市の事業が実施できる」といった、新たな発想・アイデアで実施する事業の提案をお待ちしています!
 あなたの団体の提案しようとする内容にピッタリなコースはどれか、フロー図と表でチェックしてみてください。

※提案の募集にあたっては、分野を限らず、広く対象としています。子育てや福祉、防災、環境など、提案団体の活動内容にあわせてご提案いただけます。

1.提案型協働事業制度

 市民団体からの提案を募り、市民と行政が特性を生かしながら、協働により地域課題や社会的課題の解決に向けた取組を進める制度です。(行政が提案し、協働のパートナーとなる市民団体を募ることもあります)

2.提案型事業委託制度

 行政が実施している事業を対象に、市民団体や事業者から知恵とアイデアの盛り込まれた提案を募り、その内容が市民にとって有益であれば、委託化を進める制度です。

各制度の違いについて

2つの制度の違いについては、下図を参照してください。

市民提案型制度のフロー図と表

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 協働推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階
電話番号:06-6489-6153
ファクス番号:06-6489-6173
メールアドレス:ama-kyoudou@city.amagasaki.hyogo.jp