ハザードマップ

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002283 更新日 平成30年7月10日

印刷大きな文字で印刷

このページでは、尼崎市が作成した各種のハザードマップを掲載しています。
ご利用にあたっては、各ハザードマップの活用方法や、災害の特性、避難時の心得、災害情報の入手方法等を記載した「尼崎市防災ブック」とあわせてご覧いただくと便利です。

洪水ハザードマップ

 洪水ハザードマップは、市域にある概ね全ての河川が決壊したときに想定される浸水範囲と浸水深等を示したものです。

 なお、平成27年の水防法改正を踏まえて猪名川河川事務所が本市域を含む「猪名川・藻川に係る浸水想定区域」を見直しました。それに伴い、本市の洪水ハザードマップにつきましても、猪名川・藻川にかかる洪水ハザードマップについては、想定最大規模降雨によるハザードマップとして公開いたします。
 実際の災害では、浸水域以外での浸水の発生や浸水深がさらに深くなる可能性があります。
(注)上記「洪水ハザードマップ」における猪名川・藻川の浸水想定範囲は平成27年の水防法改正前の内容となっています。

ZOOMAによるハザードマップ閲覧

 画像閲覧ZOOMAについて 【ご利用上の注意について】

 ZOOMA形式は拡大・縮小、画面スクロールなどの操作性に優れますが、Adobe Flash Playerが必要です。パソコンの使用環境によっては、ご使用になれませんので、動作しなかった場合などはPDF版のハザードマップをご覧ください。動作環境や操作方法などに関する説明は、株式会社クレアリアのページをご参照ください。

平成30年6月に兵庫県において「武庫川に係る浸水想定区域図」が見直されました。
内容については、下記の兵庫県ホームページをご覧ください。

津波ハザードマップ

 津波ハザードマップは、南海トラフ巨大地震で発生した津波により想定される浸水範囲と浸水深等を示したものです。
 実際の災害では、浸水域外での浸水の発生や浸水深がさらに深くなる可能性があります。
津波時の避難場所である津波等一時避難場所を確認しておきましょう。

高潮ハザードマップ

高潮ハザードマップは、第二室戸台風と同規模の台風により想定される浸水範囲と高潮の浸水深等を示したものです。
 実際の災害では、浸水域外での浸水の発生や浸水深がさらに深くなる可能性があります。

内水ハザードマップ

 内水ハザードマップは、下水道で想定している降雨を超過する大雨が降った場合に想定される浸水範囲と浸水深等を示したものです。
 実際の災害では、浸水区域外での浸水の発生や、浸水深が更に深くなる可能性があります。

地震ハザードマップ

 地震ハザードマップは、建築物の所有者等が、地震防災対策を自らの問題、地域の問題として意識し、建築物の耐震化を進めていただけるよう作成したもので、地震発生時に想定される震度を表した「揺れやすさマップ」と、その揺れによる建築物の全壊する割合を表した「地域の危険度マップ」から成ります。

尼崎市防災ブック(日本語版)

「尼崎市防災ブック(保存版)」には、尼崎市の地形の特性や想定される災害及びそのハザードマップ、日頃からの備えや対策など災害に対する様々な情報を盛り込んでいます。
市民の皆様が、この「尼崎市防災ブック(保存版)」で
1. 防災意識をさらに高めていただく
2. 災害に対する正しい知識を身に付けていただく
3. 自助の意識や共助の精神を一人ひとりが持っていただく
4. 日頃から災害に備える取り組みを行っていただく
ことなどに役立てていただきたいと考えています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp