<詳細>子宮頸がん検診

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003322 更新日 令和1年8月28日

印刷大きな文字で印刷

子宮頸がんについて

子宮頸がんイラスト

子宮頸がんは、子宮の入り口(頸部)に発生するがんで、20歳から30歳の若い世代で急増しています。
ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が強く関与しており、感染する前のHPVワクチン接種で予防が可能と言われています。
しかし、ワクチンを接種した場合でも、定期的(2年度に1回)に子宮頸がん検診を受診することが重要です。

子宮頸がん検診では

子宮頸がん検診では、医師が子宮頸部を診て(視診)腫れなどの有無を確認し、綿棒などで細胞を採取し、これを顕微鏡で調べます。

検診の料金・実施機関等
対象者 20歳以上の市民(女性)(2年度に1回)
検診内容

問診、視診、子宮頸部細胞診検査

自己負担額

1,500円

実施機関

実施医療機関
※ハーティ21 ・ カーム尼崎(自己負担額が異なります。)

(注意事項)
市内医療機関で受診される場合、予約の有無など直接実施医療機関にお問合わせください。
※ハーティ21では、総合検診の1項目として実施しています。 自己負担額など詳細は直接0800-300-6124(通話料無料)にご確認ください。カーム尼崎健診プラザも詳細は直接0120-688-311(申し込み・問い合わせ先)にご確認ください。
場合によって診療に切り替わり医療費が掛かることがありますので、健康保険証を持参してください。

20歳を過ぎたら子宮頸がん検診

子宮頸がんリーフレット表紙

尼崎市がん検診・肝炎ウイルス検診実施医療機関一覧

がん検診推進事業(無料クーポン券)

国の「がん検診推進事業」に基づいて、特定の年齢に達した市民の方に子宮頸がん検診の無料クーポン券をお送りしています。

自己負担額の減免申請について

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049