<詳細>大腸がん検診

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003320 更新日 平成30年7月23日

印刷大きな文字で印刷

大腸がんについて

大腸イラスト

 大腸がんは、男女ともに日本人に増えているがんのひとつで、50歳頃から増加しはじめ、高齢になるほど多くなるのが特徴です。
しかし、早期の大腸がんは9割以上が治るといわれ、がん検診の中でも死亡率が下がることが最も証明されています。
大腸がんは早期ではほとんど自覚症状がないため、40歳以上の方は、年に1回は大腸がん検診を受けましょう。

大腸がん検診では

 大腸がん検診では、専用容器に便を2日分採取し便の中の血液量を検査します。 大腸がんやポリープがあった場合出血する傾向が見られます。詳細は下表のとおりです。

検診の料金・実施機関等
対象者 40歳以上の市民(1年度(4月1日から翌年3月31日)に1回)
検診内容

問診、便潜血反応検査(二日採取法)

自己負担額

900円

実施機関

保健所
市内実施医療機関
ハーティ21 ・ カーム尼崎

保健所での受付日時
保健所受付日時

月曜日から木曜日 午前9時から午前12時まで、午後1時から午後5時まで
金曜日・休前日は午前のみ

(注意事項)
保健所で受診される場合、専用容器を事前に取りに来てください。
市内医療機関で受診される場合、予約の有無など直接実施医療機関にお問合わせください。
ハーティ21では、総合検診の1項目として実施します。自己負担金などの詳細は直接0800-300-6124(通話料無料)にご確認ください。場合によって診療に切り替わり医療費が掛かることがありますので、健康保険証を持参してください。

40歳を過ぎたら大腸がん検診

大腸がん検診リーフレット表紙

尼崎市がん検診・肝炎ウイルス検診実施医療機関一覧

がん検診推進事業(無料クーポン券)

尼崎市では、特定の年齢に達した市民の方に大腸がん検診の無料クーポン券をお送りしています。

自己負担金の減免申請について

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049