あんしん賃貸支援事業について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003560 更新日 平成31年1月25日

印刷大きな文字で印刷

あんしん賃貸支援事業

高齢者の方等の住宅への円滑な入居や安定した住生活を確保するため、高齢者世帯、障害者世帯、外国人世帯、子育て世帯の入居を受け入れる民間賃貸住宅等の登録や情報提供などを行う事業です。

事業の対象

本事業の対象となるのは、高齢者世帯、障害者世帯、外国人世帯、子育て世帯(小さい子どもがいる世帯又は一人親世帯)であって、家賃等を適正に支払うことができ、自立した日常生活を営むことができる(居住支援を受けることによって自立することが可能となる場合も含む)方です。

あんしん賃貸住宅等の登録

あんしん賃貸住宅の登録

賃貸人(家主)の依頼を受けた協力店が直接、兵庫県居住支援協議会のHPにてあんしん賃貸住宅の登録申請(主要な情報のみ)をし、登録完了後、通知を受けた協力店が物件の詳細情報を入力する制度です。

あんしん賃貸住宅の登録には、事前に仲介業者が協力店として登録されていることが必要です。

あんしん賃貸住宅協力店の登録

協力店になろうとする事業者が、兵庫県の様式に必要事項を記載し、加入する事業者団体(注1)に提出してください(注2)。
注1 事業者団体:
財団法人 日本賃貸住宅管理協会兵庫県支部
社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会
社団法人 全日本不動産協会兵庫県本部
社団法人 不動産流通経営協会近畿支部

注2 上記の事業者団体に加入していない事業者(他府県の事業者も含む)の場合は、直接、兵庫県に申請書を提出してください。この場合、本事業に賛同し協力する旨の誓約書をあわせて提出する必要があります。

あんしん賃貸支援団体の登録

尼崎市内を活動区域とする支援団体として登録しようとする者は、尼崎市と協定締結後、支援団体として登録しようとする者が、兵庫県の様式に必要事項を記載し、兵庫県に直接、申請してください。
あんしん賃貸支援団体の登録を希望される場合は、事前にご相談ください。

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業について

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業とは、平成27年度に創設された制度で、高齢者、障害者、子育て世帯の居住の安定確保を図るため、居住支援協議会等との連携の下、入居ニーズや住宅オーナーの意向を踏まえた上で、空き家等を活用し一定の質が確保された低廉な家賃の賃貸住宅の供給を図るため、空き家等の改修工事に対して国が補助を行う事業です。

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業を実施した住宅について

本事業を実施した住宅(補助を受けた住宅)については、管理期間中(改修工事の完了日から起算して10年間以上)においては、事業後の入居者を、次に掲げる(1)~(3)のいずれかに該当し、かつ、入居の際の月額収入が15万8千円以下の者であって、従前居住地が持家でない者とすること。

  1. 高齢者世帯
  2. 障害者等世帯
  3. 子育て世帯

事業実施住宅など事業の詳細については、次のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 住宅部 住宅政策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館5階
電話番号:06-6489-6608
ファクス番号:06-6489-6597
メールアドレス:ama-jutakuseisaku@city.amagasaki.hyogo.jp