社会教育課ブログ『まな×ビバ!』

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1007462 更新日 平成30年10月19日

印刷大きな文字で印刷

まな×ビバ!

こんにちは!教育委員会 社会教育課です!
このブログでは、『学び』をキーワードとして、積極的に情報を発信しています!
『何か始めてみたいな。』という皆さまのお役に立てればと思います。
QRコードを読み取って頂ければ、お手持ちの携帯やスマートフォンからもご覧いただけます。
また、過去のバックナンバーもお読みいただけます!
お気軽にアクセスしてくださいね!

田能資料館で体験学習会が開催されます!(平成30年10月19日)

体験学習会の様子

田能資料館において、10・11月の体験学習会「銅鏡をつくろう」が開催されます。

弥生時代は、鉄や青銅などの金属が日本に伝わり、使われはじめた時代と言われています。
田能遺跡では銅の剣を作る際に使われていた鋳型(いがた)が見つかっています。
今回は、溶かした青銅を鋳型に流し込んでつくる鋳造(ちゅうぞう)という弥生時代と同じ方法で銅鏡(どうきょう)づくりを行います。
講師には、青銅器研究の第一人者で九州大学総合研究博物館副館長の岩永省三教授をお迎えします。
自身で鋳型を製作し、その後鋳造の技術者が目の前で真っ赤に溶けた青銅を鋳型に流し込みます。

この体験会は10月28日(日曜日)午前10時から午後2時45分に「青銅器の話と型づくり、鋳こみ作業の見学」、11月25日(日曜日)午後1時30分から4時に「銅鏡みがき」を行う2回コースの学習会です。
世界で一つしかない、オリジナルの銅鏡を作ってみませんか。
対象は小学4年生以上で2回とも参加可能な方(小学生は保護者同伴)です。
参加費は一人2,200円です。
申し込みは直接田能資料館(電話 06-6492-1777・月曜日休館)へ電話で申し込んで下さい。
詳しくはリンク先をご覧ください。
たくさんの参加をお待ちしております!

学校図書ボランティア訪問研修が行われました!(平成30年10月16日)

訪問研修が行われました!

10月10日(水曜日)に下坂部小学校において、学校図書ボランティア訪問研修が実施されました。
これは、学校図書ボランティアの皆さまのスキルアップや情報交換を目的に、市内小学校を訪問し、研修会を行っているものです。

講師に尼崎市立北図書館ボランティアの「ひまわりの会」の方をお招きしました。
下坂部小学校では、毎週水曜日の昼休みに「絵本の読み聞かせ」を実施されていることから、研修では『本の選び方や読み方』を学んだり、読み聞かせにおすすめの絵本を紹介していただきました。

読み聞かせする絵本の紹介の際には、講師の方に絵本を読んでいただく場面があり、学校図書ボランティアの皆さまは、絵本の世界に釘付けの様子でした。
いつもは本を読み聞かせする側の皆さまが、『絵本を聞く』という経験をされたことで、読み聞かせは「読み手も絵本を楽しむこと」が大切だと学ばれていました。

研修で学んだことを活かし、これからも子どもたちに本の魅力を伝えていただけたらと思います。

尼崎ユネスコ協会主催人権学習講演会が開催されます(平成30年10月15日)

尼崎ユネスコ協会人権学習ちらし

11月10日(土曜日)尼崎市立小田地区会館において、尼崎ユネスコ協会主催による人権学習講演会が開催されます。

尼崎ユネスコ協会では、ユネスコ精神を広く普及するため、環境、国際、平和、人権などについて様々な学習会や事業を行っています。

今回は尼崎市内で特別養護老人ホームや保育園を運営している、社会福祉法人阪神協同福祉会理事長、中村 大蔵(なかむら だいぞう)さんに「災害復興で生まれたもの 新しい住まい方と地域共生ケア」をテーマに講演していただきます。

中村さんは、阪神淡路大震災で被災者支援活動を行ったことをきっかけに、高齢者や障害者向けのケア付き仮設住宅の運営に奔走されました。現在も東日本大震災発生から今日まで、被災地支援を行っています。その経験をもとに、日常生活での地域活動への取組みをお話ししていただきます。

定員50名。参加費は無料。持ち物は筆記用具。申し込みは不要ですので直接会場へお越しください。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。

上坂部小学校で地域学校協働活動が行われました!(平成30年10月12日)

事業の様子

10月7日(日曜日)に上坂部小学校視聴覚室において、上坂部小学校地域学校協働本部と社会福祉協議会園田支部との共催事業「やってみよう さがしてみよう かみさかべ」が行われました。
上坂部小学校の児童19名のほか、保護者や地域振興センター職員、上坂部小学校PTA執行部、社会福祉協議会園田支部職員、スポーツ21、子ども会の役員の方など多くの方が参加されました。

第1部は、「知ろう 探ろう 祭りのひみつ」と題して、地域の研究に造詣の深い上坂部小学校の先生から、尼崎市と上坂部周辺の祭りの様子について、だんじりの形のクイズを交えてお話頂きました。
お祭りの話を初めて聞く子どもたちが多く、興味深く聞いたり、手を挙げて積極的に質問していました。

第2部は、東塚口社会福祉協議会長から、太鼓のたたき方を教わりました。
太鼓をたたき慣れた地元の中学生や小学生がお手本となり、教えてくれました。
初めて挑戦する人が多く、子どもも大人も楽しそうに太鼓をたたき、事業が終わる頃にはとても満足感にあふれた表情をされていました。

今後も、地域の方々と学校が学社連携に取り組めるよう社会教育課においても支援してまいります。

第3回社会教育委員会議を開催しました!(平成30年10月11日)

社会教育委員会議の様子

10月2日(火曜日)に、尼崎市役所中館地下1階会議室において、第3回社会教育委員会議を開催しました。
今回の会議では、平成30年度施策評価結果と地域振興体制の再構築の取組について、担当課が説明し、委員の皆さまからさまざまな質問や意見をいただきました。
平成30年度施策評価結果では、特に学社連携事業の質問やご意見を頂きました。
また、地域振興体制の再構築の取組については、指定管理者制度の導入や今後の方向性やスケジュール等を確認したほか、8月に各地区公民館で開催された利用者向け説明会での意見の報告を受け、よりよい体制づくりができるよう協議を行いました。

なお、今回の議事内容につきましては、後日ホームページに掲載しますのでご覧ください。

あまナビvol.9を発行しました!(平成30年10月10日)

あまナビvol.9を発行しました!

年に2回発行している生涯学習情報誌『あまナビ』の最新号となるvol.9を発行しました!

今回は、前号に引き続いて、学校と地域のつながりのなかで活躍されている「地域学校協働活動推進員」の皆さんをご紹介しているほか、「伝える学び 伝わる学び」と題して、公民館の事業「おだのまなびヤ!」と「公民館夏休みオープンスクール」について、特集しています。

また、10月から3月までに市内で実施するイベントや講座、図書館や公民館、田能資料館で開催される企画展やイベントも紹介しています。
この冊子は、市内の公民館や図書館、各地域振興センターの他、市内郵便局や阪急・JRの駅にもご協力いただき設置しています。
ぜひお手にとってご覧ください!

ユネスコセミナー『学びの交流会』が開催されます!(平成30年10月5日)

ユネスコセミナーを開催します

10月27日(土曜日)午後1時30分より、尼崎市立成良中学校視聴覚室において、尼崎ユネスコ協会主催「ユネスコセミナー 学びの交流会」が開催されます。

成良中学校は平成24年、「命のつながりを学び育てる教育」を基軸とした学校づくりの取り組みが評価され、兵庫県の中学校で初めてユネスコスクールに認定されました。

本セミナーは、ユネスコスクールである成良中学校での活動報告等を中心に、豊かな人間性を育み、地域でのつながりや関わりを尊重する、持続可能な社会づくりの担い手を育むことを目的に開催されます。

当日は、成良中学校の生徒の皆さんからの活動報告のほか、兵庫県立小田高等学校の生徒の皆さんに防災についての取組を発表していただきます。

それに合わせて、防災士として活躍しておられる志築 芳和(しつき よしかず)さんをお迎えし、「尼崎市内の防災・減災」をテーマに講演会を開催します。

定員は50名。参加費は無料。筆記用具・上履きをご用意ください。申し込みは不要ですので、当日直接会場へお越しください。

今年は大雨や地震、台風が尼崎市を襲い、大きな被害をもたらしました。防災の知識を学ぶことで、日常生活の備えとしていただくよい機会になればと思います。

皆さまの参加をお待ちしております。

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会事務局 社会教育部 社会教育課
〒661-0024 兵庫県尼崎市三反田町1丁目1番1号 尼崎市教育・障害福祉センター4階
電話番号:06-4950-0405
ファクス番号:06-4950-5658
メールアドレス:ama-syakaikyoiku@city.amagasaki.hyogo.jp