阪神間都市計画公園(神崎公園)の変更について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1015556 更新日 令和1年6月25日

印刷大きな文字で印刷

阪神間都市計画公園を変更しました

 阪神間都市計画公園を変更しました。その関係図書を都市計画法第21条第2項において準用する同法第20条第2項の規定により、次のとおり公衆の縦覧に供します。

都市計画の種類及び名称 阪神間都市計画公園 3.3.412号神崎公園
縦覧場所 尼崎市整備局土木部(公園計画・21世紀の森担当)
告示日 令和元年6月6日
告示番号 尼崎市告示第48号

阪神間都市計画公園の変更案の縦覧について(終了しました)

 神崎公園の都市計画変更案の縦覧を行います(終了しました)。

縦覧期間
 令和元年5月7日(火曜日)から令和元年5月21日(火曜日)までの閉庁日を除く午前9時から午後5時30分まで

縦覧場所
 市役所北館6階 公園計画・21世紀の森担当

縦覧結果
 
意見書の提出なし
 

背景

 神崎公園は、昭和21年8月に計画決定された、面積約1.0ヘクタールの都市計画公園(近隣公園)ですが、現在は全域が未供用となっています。

 都市計画決定後、当該公園周辺には、西川公園(面積約0.31ヘクタール)、西川東公園(面積約0.19ヘクタール)、浜東公園(面積約0.14ヘクタール)などが整備されました。また、平成26年に改定された本市緑の基本計画において、本市の都市特性に応じた都市公園の配置基準や面積基準が定められ、街区公園と近隣公園については住民が最も身近に利用できる「身近な公園」として、誘致距離250メートルで適正に配置していくこととなりました。

 こうした中、長期未着手の都市計画公園について、社会経済状況の変化を踏まえつつ、土地所有者等に対する長期に渡る権利制限の解消及び効率的な公園整備を進めていくため、必要性や代替性、実現性、地域固有の要素などを考慮して検証を行い、平成30年3月に個々の公園についての見直し方針を策定しました。

変更案の内容と理由

 尼崎市内の長期未着手の都市計画公園について、社会経済状況の変化を踏まえつつ、土地所有者に対する長期に渡る権利制限の解消及び効率的な公園整備を進めていくため、必要性や代替性、実現性、地域固有の要素などを考慮し検証した結果、神崎公園の都市計画を以下のように変更します。

 神崎公園は、昭和21年に都市計画決定された面積約1.0ヘクタールの近隣公園であるが、周辺に街区公園が整備されたことで、当該公園に求められる機能が充足していることから、都市計画を廃止する。

阪神間都市計画公園(神崎公園)の変更に関する意見を募集します(終了しました)

 阪神間都市計画公園(神崎公園)の変更に関する意見を募集しました。
 募集期間は平成31年3月1日(金曜日)から平成31年3月22日(金曜日)まで。

 また、阪神間都市計画公園(神崎公園)の変更に関する説明会を、小田公民館で開催しました。

 平成31年3月8日(金曜日)午後6時から1時間程度(終了しました)
 平成31年3月9日(土曜日)午前10時から1時間程度(終了しました)

募集結果

提出された意見 なし
説明会での意見
 公園の変更素案への意見 なし
 その他の意見(廃止後の土地利用について、公的な施設が立地するのであればよいことである。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 土木部 公園計画・21世紀の森担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館6階
電話番号:06-6489-6530
ファクス番号:06-6488-8883